まだ入っているのに! 容器の中で固まりかけているマスカラを復活させる方法

化粧品の容器でしばしば腹立たしく感じるのが、まだ入っているのに使えなくなる状況が多々あることじゃないでしょうか? たとえば口紅型のリップクリームの場合まだリップクリームの固形が詰まっているのが見えるのに、つけようとすると唇から逆に潤いをそぎとってしまうような状況だったり、ボディークリームやリキッドファンデーションなんかによくありがちな、指の届かない場所にクリームが残っているという状況には、毎回あの手この手を使って取り出そうとするも、結局は時間の無駄に終わるという何とも言い難い瞬間たち。

その中でもマスカラは小さくてそんなに安いアイテムじゃないのに、使い切るまえに固まって使えなくなってしまうという状況に悩まされている方、多いのではないでしょうか? そこで今回は容器の中で固まってしまった、もしくは固まりかけているマスカラを復活させる方法を調査してみました。

方法1:マスカラを温める

チョコレートのような原理だと考えてみてください。固まってしまったマスカラもある程度熱を加えると溶け出して元のように柔らかくなります。温め方はマスカラの容器にドライヤーを当てて急速に温める方法。15秒から20秒程度当てれば、とろけるマスカラが戻ってきますよ。また熱いお湯につけて溶かす方法もありです。こちらの方法は先ほども申し上げたようにチョコレートの原理。冷えてくるとまた固まってくるので、緊急事態の際に温める方法は使ってみてください。

方法2:オリーブオイルを一滴混ぜる

マスカラブラシにオイルを一滴たらし、容器の中で混ぜてみましょう。そうするとカチカチになってきたマスカラも液体部分もやわらかくなります。

方法3:乳液を混ぜる

オリーブオイル同様ブラシのさきに乳液をのぜ、混ぜるだけでダマ知らずの美しいまつげを演出するためのマスカラがあなたのもとへ戻ってきます。

方法4:マスカラ薄め液をゲットしよう

意外とみなさん知らないかもしれませんが、マスカラ専用の薄め液はちゃんと販売されているんです。まさかの100円均一にもあるので緊急用にひとつ持っておくといいかもしれません。

いかがでしたか? マスカラが固まる原因ってみなさんが実はやってしまいがちなマスカラのブラシを容器から小刻みに出し入れしてしまうあの行動だったりするよう。あの瞬間に中にたっぷり空気が入ってしまうため乾燥を加速させてしまうんです。マスカラを塗るときは極力ブラシの出し入れを控えてみて、固まってしまったらさっそく今回ご紹介した方法をチャレンジしてみてくださいね。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理