『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』グレイ役は、『トワイライト』エドワード役にインスパイア!?

大ヒット映画『トワイライト』シリーズで、ヴァンパイアのエドワード・カレン役を演じて大ブレイクしたロバート・パティンソン。現在、日本でも公開中の話題作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(以下『フィフティ~』)の主役クリスチャン・グレイが、自分が演じたエドワード役にインスパイアされたことについて語っている。

【関連記事】イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~<イングランド&ウェールズ編>

官能小説『フィフティ~』の著者E・L・ジェイムズは、『トワイライト』シリーズの作家ステファニー・メイヤーに刺激を受け、本著を執筆したことで知られている。ストーリーやキャラクター、設定の類似性が指摘されている両作だが、グレイがエドワードにインスパイアされている点について、米Reutersのインタビューにロバートが応えている。

「何だか妙な感じだ。それに、ジェイミー(映画版『フィフティ~』でグレイ役を演じたジェイミー・ドーナン)のことを10年も知っているんだ。原作を読んだことはないけど、(グレイとエドワードは)かなり違うんじゃないかな。同じだったら、作品としてうまく作用しないと思うんだ。作品の熱狂的なファンって、すごく深いところでつながっているんだろうけど、僕にはその絆がどんなものなのか分からないよ」と語り、グレイとエドワードの共通性は、あくまでファンの見解であると異を唱えたいようだ。

そして、"10年後は俳優としてどうなっていると思うか?"との質問には、昨年の仕事ぶりに満足いかなかったことを打ち明けた。「昨年は、出演するはずだった2作品のうち1本がポシャってしまって、もうひとつは今年に見送りになってしまった。結局、ずっと他の仕事が来るのを待つ状態になってしまって、"こんな年はもうたくさんだ。もっと数多くの作品に出演するぞ!"って思ったよ」と答え、これからの仕事に対する抱負を語っている。

現在ロバートは、ティム・ロス(『ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』)と共演する映画『The Childhood of a Leader』を撮影中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ロバート・パティンソン
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む
提供元: 海外ドラマナビの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理