1. トップ
  2. 恋愛
  3. 気をつけて! 恋愛関係にヒビが入りかねない、ちょっとした習慣たち

気をつけて! 恋愛関係にヒビが入りかねない、ちょっとした習慣たち

  • 2015.2.18
  • 442 views

せっかく恋人を手に入れたら、いい関係を続けたいと思うはず。浮気などせず、一途に相手のことを好きでいたいですよね。でも実際、付き合っていても破局を迎えてしまうカップルが絶えないのはどうしてでしょう? それは意外にも、自分でも大して気にしていないようなちょっとした習慣が原因だったりすると言います。恋人との関係を台無しにしないためにも、気をつけておきたい習慣のいろいろをまとめてみました。

喫煙

出会ったときは二人とも喫煙者だった、あるいはどちらか一方が喫煙者だった、いずれのケースにしても、破局の原因となりやすいのがタバコ。どちらか一方が禁煙して、相手にも禁煙を求める、あるいはもともと吸わないほうがずっと喫煙者に「タバコやめて」と言い続ける、こういったことがたび重なるとお互いのストレスの原因になります。ケンカはそのうち喫煙そのものにとどまらず、健康、将来への影響などどんどん広がり、やがて価値観の相違が浮き彫りに……。タバコは身体のみならず、恋愛関係にも悪影響を及ぼすことのほうが多いでしょう。

面倒くさがり

誰だって恋愛当初は相手に自分のいい面を見てもらいたいと、身だしなみにも気を使い、常にベストな状態でいようとするでしょう。でも付き合いが長くなっていくうちに、そんな努力も忘れ、“面倒くさい”という気持ちに流されていくと、無気力感も高まり、恋愛に新鮮味や刺激を求める気持ちも失っていきます。そうするとあんなに好きだった彼のこともだんだん“どうでもいいや”と思うように……。“頑張らなくてもありのままの自分で、自然体でいられる関係”、あなたはそう思っていても、それはもう恋の終わりが近づいているのかもしれませんので、ご注意を!!

仕事中毒

毎日残業続きが当たり前で、家でほっとする時間もほとんどない。そんな仕事中毒になっていると、プライベートでの恋愛も破綻しやすくなります。特に今はスマホなどのおかげで、職場を離れても、仕事のメールや状況をチェックすることが簡単になりました。そのぶん、仕事とプライベートの境目もあいまいとなり、どんどん仕事がプライベートな生活の領域を侵食しつつあります。そうなると、本来恋人との時間に向けるべきエネルギーや体力まで仕事に持っていかれてしまい、なんだか付き合っていても虚しいだけのような気持ちに……。本当に優秀な仕事人間は、オンとオフのけじめをはっきりつけるものです。時間も体力も仕事に費やし、半分燃え尽きているような仕事中毒者に、恋愛の充実を求めるほうが無理なのかもしれません。

ウソつき

恋愛の最も根本にあるのは、愛情そして信頼です。そしてウソは信頼を傷つける一番大きな脅威。それなのに、“これくらいいいでしょ”という軽い気持ちで、パートナーにウソをついてしまう習慣がある人は、恋愛関係そのものを軽視しているのではないでしょうか。一つ小さなウソをつくと、それを隠すためにまた連鎖的にウソをつかなくてはなりません。それが積み重なったら、もうそれは小さなウソとは言えないですよね。何もかも正直に相手に言えないのは、なにか自分のなかに理由があるからなのでしょうか。もし心当たりがあるなら、まずその理由を解決しましょう。本当に信頼し合えるパートナーとは、ウソなんかつかなくてもいい関係でいたいですよね。

参考記事(海外サイト):10 Bad Health Habits that Can Ruin Your Relationship(http://www.activebeat.com/diet-nutrition/10-bad-health-habits-that-can-ruin-your-relationship/)