1. トップ
  2. ファッション
  3. クリスティーナ・アギレラがミュージカルドラマ『Nashville』に出演

クリスティーナ・アギレラがミュージカルドラマ『Nashville』に出演

  • 2015.2.17
  • 474 views

映画『バーレスク』などで知られる歌手&女優のクリスティーナ・アギレラが、米ABCのミュージカルドラマ『Nashville(原題)』にゲスト出演することがわかった。

【関連記事】ハリウッドのSEXYママ、大集合!【潜入パパラッチ】

『Nashville』は、カントリー・ミュージックの聖地として名高い米南部テネシー州の州都ナッシュビルを舞台に、ヘイデン・パネッティーア演じる新進歌手ジュリエット・バーンズと、かつて"カントリー界の女王"として君臨した落ち目の歌手、レイナ・ジェイムス(コニー・ブリットン)を主人公にカントリー界のし烈な競争や複雑に絡み合う人間模様を描いた群像劇。歌唱力豊かなヘイデンとコニーの熱演とTボーン・バーネットが手掛ける音楽が番組の大きな魅力となっている。

米Peopleによると、クリスティーナは現在オンエア中のシーズン3後半に登場し、ポップ界のスーパースター、ジェイド役を演じるという。ジェイドは2夜連続でコンサートを行うためにナッシュビルを訪れるが、実はカントリー・ミュージックのアルバムを出すことを密かに夢見ている。所属レーベルにポップ路線を押し付けられ、なかなか一歩踏み出せないでいるジェイドだが、ナッシュビルでどのような心境の変化にいたるのかが見どころとなりそうだ。

クリスティーナは半年前、フィアンセのマット・ラトラーとの間に長女サマー・レインちゃんを授かったばかり。前夫ジョーダン・ブラットマンとの間にもうけた長男マックス君、7歳とあわせて2人を育てるかたわら、審査員を務めるオーディション番組『The Voice』に早くも復帰を果たした。あわせて『Nashville』にゲスト出演し、ABCファミリー向けTV番組をプロデュース、さらに新アルバムのレコーディングに着手するなど、公私ともに絶好調といった様子だ。

批評家や一般視聴者の高い評価にも関わらず、視聴率がさほど振るわない『Nashville』。クリスティーナという強力な助っ人を得て一気にシーズン後半を盛り上げてもらいたいものだ。

また、クリスティーナの魅力がつまった映画『バーレスク』は、バック・トゥ・ザ・シアター企画で、2月20日(金)~26日(木)TOHOシネマズ日本橋他で上映される。詳しくはバック・トゥ・ザ・シアターのサイトで確認できる。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリスティーナ・アギレラ
(C)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net