1. トップ
  2. ダイエット
  3. 原因は女性ホルモン?運動不足?「むくみ」を招く4つの原因

原因は女性ホルモン?運動不足?「むくみ」を招く4つの原因

  • 2015.2.16
  • 1274 views

気になる顔や手足のむくみ。水分や塩分の摂りすぎが原因だと思いがちですが、実はそうとも言い切れません。意外な問題が潜んでいるむくみの原因について、探ってみましょう。

(1)水分不足

むくみが気になって、水を飲むことを控えていませんか? 水分の摂り過ぎはむくみにつながりやすいのですが、反対に、水分不足もまた、むくみの原因になってしまいます。体内の水分が不足してしまうと血行が悪くなり、静脈が水分を吸収できなくなることでむくみを引き起こしてしまいます。

(2)ホルモンバランスの乱れ

まず、妊娠中や生理前などのホルモンバランスが変化する時期は、自律神経が乱れてむくみやすくなります。また、精神的なストレスなどによる自律神経の乱れも、むくみの原因に。

(3)アルコールの摂り過ぎ

お酒を飲んだ翌日、顔がパンパンにむくんでしまっているという悲劇を、誰もが一度は経験したことがあるはず。これは、アルコールを摂取することによって、血管の透過性が高まり、血管中の水分がしみ出しやすくなってしまうのが原因です。お酒は飲みすぎないようにしましょう。

(4)運動不足

長時間同じ姿勢で座って過ごしていたり、運動不足の毎日を送っていると、血行が悪くなって手足がパンパンになってしまいます。血流を促すことを考えながらの適度な運動は、むくみ予防のためにも必須です。昼休みに軽いストレッチをするなどして、お昼までのむくみは昼休みに解消しましょう!

また、塩分を摂り過ぎてしまった場合は、アボカドやヨーグルトに多く含まれる「カリウム」を一緒に摂取するのがおすすめです。体内の余分な塩分を排出してくれますよ。むくみを感じた場合は、原因に応じて、正しく素早く解消させましょう。

(前田紀至子)

元記事を読む