1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「東京ビアウィーク2018」東京および近郊都市の230店舗がビール界を盛り上げる

「東京ビアウィーク2018」東京および近郊都市の230店舗がビール界を盛り上げる

  • 2015.2.16
  • 4946 views

「東京ビアウィーク2018」が、2018年6月2日(土)から6月17日(日)まで開催。期間中は、東京および近郊都市の店舗・地域などビールに関する様々なイベントが行われる。

「東京ビアウィーク」は、様々な店舗や団体が自由なアイディアでビールを楽しむ企画を作り、東京のビールシーンをより盛り上げるイベント。開催5回目を迎える今回は、2017年の1.8倍となる約230店舗が参加予定。

ブルワリー併設のレストラン「スプリングバレーブルワリー東京」、国内外のクラフトビールを豊富に取り揃えるピザバー「デビルクラフト神田」、神田川沿いのビアバー「常陸野ブルーイングラボ万世橋」などが、各店自慢の一杯を紹介する。

また2018年度は、渋谷、新宿、神田などのビアパブ激戦区、上野や池袋、近年盛り上がりを見せる五反田や浜松町などのパブ/レストラン、そして期間中に開催される様々なイベント会場を巡るスタンプラリー「スマホdeスタンプラリー」が開催。対象の飲食店でビールを1杯飲むと1ポイント、イベントに参加すると3ポイントが進呈され、最終的に取得したポイント数に応じて、旅行券などがプレゼントされる抽選の応募チャンスを得る事が出来る。

【開催概要】
「東京ビアウィーク2018」
開催期間:2018年6月2日(土)〜6月17日(日)
※参加店舗・各企画等の詳細は公式WEBサイト(https://beerweek.jp/2018/)より。