1. トップ
  2. ファッション
  3. こうすればいいんだ!「春服が着たいけど寒い日」のあったか通勤コーデテク5つ

こうすればいいんだ!「春服が着たいけど寒い日」のあったか通勤コーデテク5つ

  • 2015.2.16
  • 1080 views

気温はまだ冬、気分はもう春!

気温と気分の差が激しいのが、季節の変わりめである2月末~3月に服を選ぶときの最大のお悩みポイントですよね。春のコートじゃまだ寒い、冬のコートじゃもう重い、いったい去年の自分は何を着ていたの!? と毎年思うものです……。

そんな方のために『Domani』3月号より「寒い春」のコーディネート方法をご紹介。ちゃんと春アイテムを使いながらもあったかい着こなしテクをご覧あれ

 

【1】ボトムをとろみ素材にするだけで、一気に春の印象に!

インナーにはまだまだニットを着ていたいくらいの気温だけど、春っぽい服で出かけたい……。そんなときに活躍するのは「とろみ素材のボトム」。今シーズンはシルクやレーヨンといったとろみ素材のアイテムが充実しています。中でもボトムは、歩くたびにシルエットがふわりと揺れて、着こなしを軽やかにエレガントに見せてくれます。

 

【2】おしゃれは足元から! タイツを靴下にチェンジ。

「寒いけど、黒タイツはもう空気にそぐわない……?」と思い始めたら、今空前の大ブームである「靴下」にチャレンジしてみましょう。大人でもトライしやすい、薄手かつカジュアルすぎないものが続々登場しています。タイツから靴下に変えてみるだけで、いつものアウターやタイトスカートもぐっとアップデートされて見えます。

 

【3】オールシーズン万能なレザー素材は季節の変わりめに大活躍!

着こなしを考える上で無視できない季節感。けれど、季節の変わりめには、オールシーズン使える素材が大活躍! その代表格が、合わせる真夏以外は活躍できる万能選手、レザー。最近では「エコレザー」と呼ばれるフェイク素材が「リアルレザーをしのぐほど優秀!」と話題。エコレザーはケアが簡単なので、気負わずガンガン着られるのも魅力です。

 

【4】Gジャン+春コートのレイヤードがあったかくておしゃれ!

分厚い冬コートはもう気分じゃないけど、寒いものは寒い……。そんなときは春コートの下にレイヤードをして調整しましょう。レイヤードの定番アイテムと言えばパーカですが、それをGジャンに変えるだけでグッと締まった凛々しい雰囲気になります。通勤でも休日でも使えるテクニック、見逃せません。

 

【5】美しい柄の大判ストールで、明るくあったかく!

首まわりにサッとひと巻きすることで顔周りを華やかに盛り上げてくれる大判ストールは、「寒い春」には確実に持っておくべき! 今年は華がある鮮やかな柄ものが特に豊富にそろっています。そして、どうせ1枚買うなら、「ちょっといいもの」を選びたい。小物に投資することは、実はコーディネートがクラスアップさせる最大の近道です。大人ならではの自分を格上げしてくれる1枚を探しましょう。

 

季節の変わりめのファッションはちょっと難しいけれど、だからこそおしゃれの腕の見せどころ! 素材選びやレイヤード、小物で徐々に春を取り入れ始める準備をしていきましょう♪(後藤香織)

(『Domani』2015年3月号)