1. トップ
  2. メイク
  3. 小顔はだまし絵テクで手に入れる!人生変わるチークの入れ方

小顔はだまし絵テクで手に入れる!人生変わるチークの入れ方

  • 2015.2.16
  • 1546 views

小顔に見せたい人は読めば人生観変わるチークの入れ方をご紹介します!
え?チークだけで小顔になれるワケがないって?
いやいや、それは勘違いです。

実は、チークの入れ方一つで顔の大きさが劇的に変わってしまうのです。
右と左の顔を比べてみてください。

右側の顔の方がシュッとして見えませんか?
ちょっとチークで色を加えるだけで、顔の大きさが一瞬で変わってしまうのです!

■一瞬で小顔になっちゃうチークの入れ方

早速、小顔になるためのチークの入れ方を教えます。
ポイントは2つ、チークの種類と入れる位置です。

まずはチークの色が肝心!
ピンク系は可愛く仕上がるのですが、どうしてもボヤけてしまいがち。
小顔作戦の理論の上では使わないのが無難です。
それと、色が目立ちがちな赤系も避けておきましょう。

選びたいのはブラウン系やオレンジ系のチーク。
肌馴染みがよく、顔を正面から見た時の陰影がつけやすい色なのです。
パールやラメ感はなく、マットなタイプの方が小顔効果は高まります。
頬だけキラキラしていたら、小顔のだまし絵効果が低くなってしまいますからね。

そして、二つ目のポイント。
チークの入れる位置です。

「チークをどこにのせればいいのか分からない!」
迷える女子は少なくありませんが、実は小顔に見せるための位置を探すのはとっても簡単!

口の中に頬のお肉を凹ませてみて下さい。

すると、頬骨の下の位置がクッキリ出てきますよね。
その凹んでいる場所を頬骨に沿って、チークを入れるのが正解。

人それぞれ頬骨の高さや頬の丸みが違いますが、この方法を使えば、あなたの顔に合ったチークの場所が一目で発見できます。

まるで外国人のような頬骨の高い美人顔が完成するこのチークメイク法。
色味の少ない青みがかったベージュをのせると、病人フェイスになってしまうので、それだけ注意です。

さ、今のチークから卒業して小顔美人のチケットを手にしてみては?

 

元記事を読む