1. トップ
  2. 恋愛
  3. もっともっと幸せになろう! ハッピーカップルたちに学びたい習慣のいろいろ

もっともっと幸せになろう! ハッピーカップルたちに学びたい習慣のいろいろ

  • 2015.2.15
  • 10776 views

いつも幸せそうなカップルたちを見ると、どうしてこんなにいつもラブラブなんだろう、って思うことはありませんか。付き合いも長ければ相手の嫌な部分も見えてくるはずなのにますます愛を深めている様子、そんなカップルたちをぜひ見習いたいものです。そこで彼女たちがいつもしている習慣に注目、私たちもそんな習慣を取り入れてみることで、もっと仲のいい、幸せなカップルを目指せることでしょう。

余裕をもって相手を“許す”ことを覚える

恋人や夫婦という近しい関係ゆえに私たちが最も忘れがちなこと、それが“許す”ということかもしれません。相手の欠点が見えたり、嫌なことをされたりしたとき、それを根に持ったり、怒ったりせず、“まあ誰にでも欠点はあるから”と余裕をもって許せるメンタリティがあると、気持ちもずっと大らかになり、ケンカやいざこざも少なくなります。パートナーを快く許せる、というのもじつは大事な恋愛スキルのひとつと言えます。

1日わずかでも瞑想タイムをつくり、自分の心をクリーンに保つ

忙しい日々だからこそ、愛しい人との時間を充実させたいと思うはず。雑事や仕事ばかり考えず、彼のことを大切に思い、もっと幸せになるためには何をしたらいいか考えられたらいいですよね。そこでおすすめなのが、ひとり静かに自分の心と向き合うための“瞑想タイム”をつくること。1日のうち10分~20分くらいでもかまいません、短めな時間からスタートし、だんだん時間を伸ばしていっても良いでしょう。歩きながら、シャワーをしながらでも構いません。いまやっている動作に集中し、“今現在”に意識をフォーカスすることで、心の雑念やモヤモヤをすっきりさせることができます。その結果、いつも新鮮で初々しい気分で恋人と向き合うことができるでしょう。

たくさんのことを“水に流す”、つまらないことや些細なことで幸せを邪魔されない

ほんとうは十分幸せなはずなのに、なかなかそれを実感できないのは、あまりにたくさんの余計な出来事や人間関係に心を煩わせているからなのでしょう。たとえばSNSで友だちの彼氏自慢に本気で嫉妬したり、自分の彼と比較してしまったり……。でもそんなことは本来自分たちの幸せな恋愛とは関係しなくていいはずです。

また自分たちを妬むような女友だちや人間関係もこの際、大人の対応でさらっと水に流してしまいましょう。本当に大切なのは彼との関係、それを脅かす外部からのノイズにいちいち反応することはありません。

いかがでしょう、お気づきのように恋愛における幸福感というのは、自分の気持ちによるところが多いのです。“彼に幸せにしてもらおう”という彼頼みでいるより、はっきりと彼のことが大好きで、一緒にいられることが幸せときっぱり自信をもって言いきれるような余裕があれば、きっと幸せな関係を続けられることでしょう。