1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン、原作者をせかす風潮におかんむり

『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン、原作者をせかす風潮におかんむり

  • 2015.2.14
  • 353 views

「『ゲーム・オブ・スローンズ』は、ドラマ版の製作ペースに原作小説の執筆が追いついていないのではないか?」という指摘をネット上でよく見かける。また、「原作者は小説を早く書いて完結させてほしい」という声も非常に多い。だが、ドラマ版でジョン・スノウ役を演じているキット・ハリントンは、そんなネットの風潮を快く思っていないようだ。本作の情報サイトWinter is Comingが伝えた。

【関連記事】イケメン俳優を求めて世界を巡る!<イングランド&ウェールズ編>

キットの発言は、シーズン4のブルーレイ/DVD-BOX発売に向けて実施されたプレスイベントで飛び出したもの。"原作ファンの期待はプレッシャーになりませんか"と尋ねられたキットは、自分自身は気にならないと答える一方、次のように続けている。

「僕が気分を害しているのはただひとつ、(原作者の)ジョージ・R・R・マーティンに向けて、ファンからものすごいプレッシャーがかかっていること。彼の健康のこととか、次の本を出す時期にまつわる、悪意に満ちた、人心操作的なプレッシャーだ。それにはとても腹を立てている」

「画面の背後から攻撃の矢を放つのは不健康な行為で、僕らが今抱えている多くの問題の徴候にもなっている。社会の醜悪な側面だと思うよ」

「TVドラマが小説とは異なる展開になっていることにも非難が出ているけれど、TVドラマは脚色であって、小説のひとつのバージョンにすぎない。小説そのものとしてとらえるべきじゃないんだ」

ちなみにキットはソーシャルメディアが好きではなく、Twitterのアカウントも持っていないとのこと。自分のかかわる作品を大事に思うだけに、悪影響を与えかねないネットの喧噪が目についてしまうのかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:キット・ハリントン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net