1. トップ
  2. スキンケア
  3. そのシミやシワ……免疫低下が原因かも? 肌の免疫力を鍛えて美肌になろう!

そのシミやシワ……免疫低下が原因かも? 肌の免疫力を鍛えて美肌になろう!

  • 2015.2.14
  • 1911 views

シミやシワなどの肌老化には免疫力が大きく関わっています。急に肌老化が気になりだしたらもしかしたら免疫力の衰えが原因かもしれません。しかし、大丈夫! 美肌免疫は毎日のちゃんとしたケアで鍛えられるのです。

肌の免疫力が大切な理由とは?

人間の腸内がビフィズス菌などの善玉菌で守られているのと同じように、肌も善玉常在菌によって守られています。善玉の表皮ブドウ球菌が皮脂や汗を食べて産出するグリセリンは、天然の美肌クリームとも言われるほど! 高い保湿力を持ち、同時に肌を弱酸性に保って悪玉菌の増殖を抑えてくれます。グリセリンで覆われて潤っている肌は、バリア機能が高いため、紫外線や雑菌、ウイルスなどの外部刺激や有害物質を侵入させません。生活習慣やスキンケアを見直して内部から代謝を上げていけば、美肌の免疫力は相乗的に高まっていくでしょう。

肌の免疫を鍛える4つのポイント!

1…洗いすぎない!善玉常在菌の表皮ブドウ球菌は、洗顔で大半が流出してしまいます。そうすることで洗顔後のアルカリ性に傾いた肌を好む、悪玉菌の黄色ブドウ球菌などが増殖……。そして善玉菌をしのいで肌荒れの原因になるのです。洗顔は朝晩の2回以上は行わない、洗顔料は肌の上で転がすようにのせる、洗顔の際はゴシゴシと洗いすぎないが基本!

2…免疫力アップのコスメを使う!肌の免疫力を高めるにはスキンケアでしっかりと保湿して、表皮のバリア機能を保持しつつ、肌の内部から免疫システムを整えてダメージに負けない強い肌を育てることが重要! スキンケアの成分や保湿力に注目してコスメ選びをしてみて。

3…じんわりと温める善玉常在菌にとっての最適な増殖温度は35~37℃といわれています。気温の低下する今の時期は肌表面の温度も下がるので、洗顔時にはホットクレンジングなどのアイテムを用いたり、洗顔後には蒸しタオルやスチーマーなどで肌を温めて常在菌の活動を後押ししてあげましょう。

4…こすらない肌のバリア機能を担っている表皮の厚みは約0.2㎜と超極薄。洗顔後、タオルでゴシゴシ顔を拭くのは問題外。タオルは圧をかけずに肌にポンポンとのせるだけでOK。また、クレンジング、洗顔やマッサージの際に強くこするだけでもダメージを受けてしまいます。日ごろから肌への摩擦を意識して減らすようにしましょう。

まとめ

私たちの肌は24時間、紫外線や雑菌、ウイルス、乾燥した空気など数多くの外部刺激にさらされています。肌の免疫が弱ければその刺激を直に受け、肌荒れやシミ・シワなどの肌老化へ繋がっていきます。これら4つのポイントを日ごろから意識することで肌免疫が鍛えられ、外部刺激や肌老化に強い美肌を育てることが可能ですよ。