1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 春先まで必見! 脱いだブーツと足元から嫌~なにおいをなくす対策とは?

春先まで必見! 脱いだブーツと足元から嫌~なにおいをなくす対策とは?

  • 2015.2.14
  • 1931 views

冬から春先にかけてブーツやショートブーツが流行しますね。今もブーツ活躍の真っ最中の時期。

座敷などのお茶会や飲み会などでブーツを脱いだ時に、脱いだブーツと足元から嫌なにおいがしたことのある方は多いのではないでしょうか?

こんな人は足がにおいやすい!?

においは角質・汗・菌が原因で出ると言われております。汗そのものは無臭なのですが、その汗と足に存在する角質を餌とする、皮膚常在菌によって足のにおいが発生します。常在菌は高温多湿をとても好むため、ブーツの中はにおいやすいのです。なかでもこんな人は要注意!?

靴のサイズが合っていない靴が少し大きいと足がズレないように無意識に緊張します。そうすると知らず知らずのうちに足の裏には大量の汗が……。またサイズが合っていない靴を履いていると角質が肥厚しがちになり、臭くなる原因になります。

いい人は足が臭いし口も臭い!?いわゆる「いい人」と言われる真面目で優しい人……、周りに気を遣う人……、また緊張しやすい人は神経性の汗を非常にかきやすく、足の裏も汗をかきがちに。こういう方はドライマウスにもなりやすく、口が臭うことも多いのです。

バスマットで適当に拭くだけお風呂上りにバスマットに乗って拭いたつもりになっていたらダメ! 足を少しでも湿らせたままにしておくと菌が繁殖しやすくなるので、お風呂後は指の間まで丁寧に拭き取りましょう。

ボディクリームで念入り保湿ケア指の間、足先や角質がある部分をボディクリームなどで保湿をすると、靴の中での多湿を招きます。これが蒸れるとにおいの原因に。肌の乾燥が気になる今の時期はべたつかない程度に行いましょう。

足のにおい対策を取り入れよう!

固形石鹸で指先まで洗う身体は保湿成分を多く含むボディソープで洗い、足だけはすっきりと洗える固形石鹸で指の間や先まで丁寧に洗うのがポイントです。お風呂上りはタオルで足の先までしっかりと水気を拭き取って。

角質を取り除くにおいの菌の餌と一緒に、菌そのものを削り落とせる角質取り。角質自体に染み込んだにおいも一掃できます。角質リムーバーや軽石、スクラブなどがおすすめで、丁寧にゴシゴシと肌を痛めない程度に行いましょう。

爪の間の汚れをオフ足の爪の間は実は汚れも溜まりやすい場所。それがにおいの原因につながることも。足の爪切りの際などにはついでに爪楊枝などを使って、爪の間の汚れを取り除きましょう。案外汚れが見つかるかも?

汗を抑えるブーツを履く日や飲み会などで脱ぐシーンがある日は、においの原因になる汗対策が必要。最強の制汗剤・デオドラントスプレーや汗を吸収させる中敷きが良い頼りになります。また、濡れるのを防ぐ消臭タイプのストッキングやタイツもおすすめ。

まとめ

密閉されたブーツの中はにおい菌の大好物の湿気がいっぱい! せっかくのオシャレもにおうことで一瞬で台無しに! ブーツのにおいが気になる季節はどんどん対策を取り入れていきましょう。

元記事を読む