1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』ソフィー・ターナー、『X-MEN』新作に抜擢されたワケは?

『ゲーム・オブ・スローンズ』ソフィー・ターナー、『X-MEN』新作に抜擢されたワケは?

  • 2015.2.13
  • 641 views

『ゲーム・オブ・スローンズ』でサンサ・スターク役を演じているソフィー・ターナー。彼女は、新作映画『X-Men: Apocalypse(原題)』(ブライアン・シンガー監督)で、X-MENの初期チームメンバー、ジーン・グレイ役を演じることが決まっている。そのソフィーが、同役に選ばれた理由について話した。

【関連記事】必見!『ゲーム・オブ・スローンズ』の「イイ男大特選」!!

(以下は、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4の内容を示唆する情報を含んでいますのでご注意ください)


ソフィーはIGNのインタビューに対し、「私が選ばれたのは、ひとつには、(『ゲーム・オブ・スローンズ』で)サンサの暗黒面を見てもらえたからじゃないかと思っています。『ジーンの役にぴったりだ』と思ってもらえたんじゃないでしょうか。たしかに似ているところがあるんです」

「ジーンは自分のもつ超能力に苦労していて、人間世界で受け入れられていない。『ゲーム・オブ・スローンズ』のサンサもそんな立ち位置でした。ただ王妃になって波風のない暮らしをしたかったのに、あの大混乱のせいで夢はかなわなかった。ジーンも同じように感じているんだと思います」と、自身の考えを語った。

どうやら、運命に翻弄されたあげく、シーズン4で垣間見せたサンサのダークな側面が、ソフィーがジーン役に選ばれる際の決め手になったようだ。

また、過去の映画版『X-MEN』でファムケ・ヤンセンが演じていたジーン役を引き継ぐことについては、「ファムケの演技は素晴らしかったと思います。でも、私が演じるのは若い頃のジーン。1、2作目のときのジーンに近づける必要があるので、ファムケの演技をある意味で見習いつつ、自分なりの工夫も入れるつもりです。原作コミックからもヒントを得ようと思っているんですが、どうでしょう。まだわかりません」と、心境を明かしている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』をきっかけに大きく羽ばたこうとしているソフィーは、もうすぐ19歳。これからの活躍を楽しみにしたい。

『X-Men: Apocalypse』は現在、製作準備の段階。アメリカでは2016年5月27日(金)公開予定となっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ソフィー・ターナー
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net