1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 六本木アートナイト2015開催!LEDを搭載したアートトラックが街中を鮮やかに彩る

六本木アートナイト2015開催!LEDを搭載したアートトラックが街中を鮮やかに彩る

  • 2015.2.13
  • 4653 views

2015年4月25日(土)から26日(日)まで、六本木の街を舞台にしたアートイベント「六本木アートナイト2015」が開催される。

生活の中でアートを楽しむというライフスタイルの提案、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的とし、2009年にスタートした一夜限りの アートの饗宴・六本木アートナイト。7年目を迎える2015年度は、ライゾマティクスの齋藤精一とアーティスティックディレクターの日比野克彦がタッグを 組み、“テクノロジー”や“メディアアート”を探求する。

開催テーマは『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』。メインビジュアルは、今最も注目されているイラストレーターの1人、ファンタジスタ歌麿呂がデザインしたものだ。

今回のテーマを象徴するメインプログラムとして登場するのは、齋藤精一主導の「アートトラック」を使用した大型企画。六本木ヒルズと東京ミッドタウンに、LEDを実装した光るトラック「ハル号」が現れ、観客がスマートフォンで参加する一体型のイベントだ。入力した文字やパターンが、トラックに表示されるといったインタラクティブな要素が盛り込まれている。

もう1台登場する「アケボノ号」には、巨大なミラーボールが搭載。周辺で開催されるダンスイベントやライブパフォーマンスと連動し、会場を更に盛り上げる。

新 企画は、一般の参加者からアート作品やプログラムを募集する「オープン・コール・プロジェクト」。日比野克彦や本イベント実行委員長の南條史生などが審査 員となり、応募作品の中からイベント当日に発表できる作品を決定する。1月22日(日)には、1次審査を通過した10作品の企画者が、公開プレゼンテー ションを行う。

その他にも、六本木という街の新たな魅力を再発見できるアートスポットが街中に点在。インスタレーション展示やパフォーマンスに加え、参加者がいてはじめて成立するアートの形態、体験・参加型のプログラムも多数実施される。

また、交通アクセスについても例年同様、2015年4月25日(土)夜から26日(日)早朝にかけて都内主要ターミナル駅と六本木を結ぶ無料シャトルバスの運行や六本木ヒルズおよび東京ミッドタウンでの駐車場無料サービスなどを実施する予定。

様々な商業施設や文化施設が集結する、六本木。街なかに現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品が集結する、一夜限りのアートの祭典を見逃さないで。

【イベント詳細】
六本木アートナイト2015
開催日時:2015年4月25日(土) 10:00~4月26日(日) 18:00
※コアタイム 4月25日(土) 18:22(日没)~4月26日(日) 4:56(日の出)
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料
※一部のプログラムおよび美術館企画展は、有料。

元記事を読む