1. トップ
  2. 恋愛
  3. 社内恋愛をするときに絶対守らないといけないこと

社内恋愛をするときに絶対守らないといけないこと

  • 2015.2.12
  • 684 views

社内恋愛。なんて素敵な響きなのでしょうか。社内食堂ですれ違ったり、給湯室で二人きりになってみたり、会議室で閉じ込められてみたり、なぜかエレベーターで気まずい空気になってみたり……って、どこのレディコミだよってお話ですが。

それはおいておくとしても、社内恋愛というのは狙ってするものでもないですよね。

好きになるつもりがなかったのに気になる彼ができ、片思いになってしまったりもするでしょう。人間だもの@みつを。

社内恋愛で片思いをしたあなたに捧げます。うっかりやってしまう落とし穴のお話です。

部下に相談

絶対やめましょう。周りにまわって必ず彼の耳に入ります。本来は社内で相談相手を探すこと自体、オススメしません。

もし彼の耳にいれたいのなら相談する相手を厳選せねばなりません。彼の耳に入れる人間は、必ずあなたの恋の味方であることが最低条件です。

そしてその相談相手は女性であれば公認の恋人がいることは必須。男性であれば彼の信頼する上司がベスト。

その繋ぎの人間は、彼以外にその恋の話を漏らさないことを約束できる相手であること。

とにかく社内恋愛でうまくいきたいのなら、告白するより前に相手になんとなくバレた、という道を辿ってはいけません。

両想いになるまで、周囲にバラしてはいけない。

前の話にも関わりますが、周りにバレてもいいのは二人が両想いになってはじめて、が絶対です。中途半端なことをすると、社内に気まずい空気が流れます。

彼にはその気がないのにあなたの恋心がバレてしまえば、心ない人に「あんた何しに来てんの? 仕事しなさい」と軽蔑されることだってあります。

あなたが何か浮かれていれば、すぐに彼との恋路に結びつけらます。ミスをしたらすぐに彼と結びつけるでしょう。

当たり前です。あなたがバラしたんですから。

女の片思いが社会にバレていいことなんてひとつもないので、絶対バラさないほうがいいです。悪いことは言わないからやめておきましょう。社会的に弱者になることは逃れられません。

彼の立場を思いやること

仕事は仕事、とあなたが割り切ることができるとしても、相手はそうではないことだってあるでしょう。仕事場で恋愛をほのめかすことをするべきではありません。

まわりの人間が「全然わからなかった」と思うくらいの距離のほうが、あとあと面倒が発生しません。

仕事場は仕事をするところ。けじめをつけて、オンオフをしっかりつけることです。

その姿勢を見て「もっと俺のそばにいてよ」なんてワガママを言うような男は、断言して出世しませんので早々に切ることをオススメいたします。

男性は仕事で稼いだお金で家庭を守るのだという、強い意志があります。生半可なからかいの気持ちやフワフワした恋愛モードは彼らの邪魔にしかなりません。

いかがだったでしょうか?

仕事場における、男性が見た恋愛女は「仕事に集中しないで男にウツツを抜かすバカ女」だと言う事です。つまり仕事場で恋愛モードはオフにしたほうが、彼のハートは射止めやすいということですね。恋愛モードをオンにしても、なんのイイコトもないということです。

自分の恋心と、うまくお付き合いしていきましょう。応援してます。

元記事を読む