1. トップ
  2. 恋愛
  3. 結婚に失敗しないために! 結婚前に確認しておくべきポイント4つ

結婚に失敗しないために! 結婚前に確認しておくべきポイント4つ

  • 2015.2.12
  • 471 views

突然ですが、あなたの周りには幸せな既婚者が多いでしょうか? それとも上手く行っていない結婚生活を送っている夫婦が多いでしょうか。あるいは、バツイチや未婚のシングルが多いでしょうか。

ラブラブで結婚しても短期間で別れてしまう夫婦もいれば、ケンカばかりしていてもなんだかんだ仲のいい夫婦もいると思います。夫婦の形はさまざま、ですが自分自身がうまくいっていない夫婦にはなりたくないですよね。

結婚経験者の声から、結婚前に確認しておくべきポイントを集めてみました。

もしあなたが今後結婚をする可能性があるのであれば、ぜひ以下のポイントをチェックしてみてください。

思いやりがある人かどうか

普段はあなたに優しくても、弱者や他人に対して恐ろしく冷淡な態度を取る男性もいます。その兆候はタクシーの運転手さんやレストランの店員さんに対して横柄だったり、親に対して偉そうだったりするところに出ているかもしれません。あなたへの態度だけではなく皆に対してどういう態度をとっているかは一度客観的に見てみるといいでしょう。

セックスの話までできるかどうか

セックスの相性や頻度が合うかどうかは年齡とともに変わったりするので、そこまで問題ではありません。それよりも問題は「セックスのことを話し合えないこと」です。話し合いができる信頼関係さえできていれば、大概の事は乗り切れます。

何にお金を使うのが好きで、何にお金を使いたくないか

結婚がうまくいかない原因の多くは金銭面での不一致です。お金がある、ないかどうかも大事ですが、何に使うかがもっと重要です。衣食住のどこにお金をかけたいのか、結婚したら負担はどう配分するのかなど、教科書はありませんがあなたが納得できるかどうかの「正解」はあるはずです。

相手の親、親戚などに合わない人がいないかどうか

絶対にそうだとは言い切れませんが、親の学歴が違いすぎたり、親の資産状況が違い過ぎる夫婦はうまく行っていないケースが多いです。結婚したら当人同士の問題だけではなく、親や親戚との付き合いも問題になります。例えば、両親を交えての旅行などでも、それぞれの両親の環境の違いはトラブルの種になりがち。選ぶホテルのランクや、飛行機がエコノミーなのかビジネスなのか、よく行くレストランのランクなど普段の生活の選択の違いは感覚の違いとなり、不仲の原因にもなります。

その兆候は結婚前の結納や結婚式にかけるお金などから現れ、遺恨を残したまま結婚生活に入ると「気に入らない嫁/婿」という目で見てしまうので何かにつけて文句につながります。人間は環境に左右される生き物なので、相手の親と自分の親が合うかどうかはよく確認した方がいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。

3組に1組が離婚する時代だとはいえ、自分が離婚で揉める立場にはなりたくないですよね。多かれ少なかれダメージを受けるのが離婚です。将来後悔しないために、結婚前にぜひ確認してみてくださいね。