熱め?ぬるめ?悩み別お風呂の温度&入り方まとめ

むくみや冷え、肩こりを改善するには、血流を良くするために入浴が大切。だけど、一体何度のお湯で、どう浸かるのが正解なのでしょうか? そんな疑問にお答えすべく、悩み別の温度とおすすめ入り方のまとめをご紹介します。

(1)冷えやむくみ、ストレス

→38〜40℃でじっくり入浴

冷えやむくみを感じている場合は、38〜40℃のぬるめのお湯にじっくり浸かるのがおすすめです。熱すぎない湯温でリラックスすることで、副交感神経が優位になり、リラックスできる上に血管が拡張して血流が促進されます。

(2)睡眠不足やスポーツの疲れ

→39〜40℃の全身浴で15分

身体や手足が疲れている時や、仕事の疲労で寝つきが良くないという時には、39℃(冬場は40℃)のお湯に15分ほど浸かると良いでしょう。血液が全身を巡るには約1分かかるとされています。したがって、15分間湯船に浸かれば、温まった血液が約15回循環しますので、身体の疲れを取ってから熟睡したい場合は、体内の血液を温めて疲労を取るためにも肩まで浸かって15分過ごしてみてはいかが?

(3)肩こり

→41℃で肩まで浸かって10分

肩や腰が凝り固まっていると感じた時には、やや熱めの41℃のお湯にしましょう。湯量をいつもより多めにして、肩まで浸けて全身を温めることで、辛い肩や腰のコリを軽減することができるはず。

悩み症状に合わせた湯温で、効率良く疲れやストレスを改善したいものですね。

(前田紀至子)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理