1. トップ
  2. 恋愛
  3. いつまでも健康な歯でゴハンを食べる「8020運動」のすすめ

いつまでも健康な歯でゴハンを食べる「8020運動」のすすめ

  • 2015.2.11
  • 339 views

【男性からのご相談】

しばらく治療していた歯の状態が良くないらしく、先日、「抜歯をする」と言われました。これからは自分の歯を大切にしたいな、と思ったのですがどれくらい歯が残っていると将来困らず暮らせるのでしょうか。

●A. 80歳で20本の歯を残そう! 8020(ハチマルニイマル)運動のすすめ。

こんにちは、ご相談ありがとうございます。歯科衛生士でフリーライターの鈴木ハナコです。

今回の結果を機に、ご自身の歯を大切にしたいという気持ちをお持ちになったことは素晴らしいと思います。以下で詳しく説明する、8020(ハチマルニイマル)を目標にこれからがんばりましょう!

●8020(ハチマルニイマル)運動とは?

日本歯科医師会や厚生労働省が提唱し、広く呼び掛けている運動で、“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”というものです。

高齢になっても自分の歯でしっかり食事ができることで全身の健康状態も良好になり、“かむ”ことで認知症のリスクが軽減するという調査結果もでています。これらは生活の質の向上につながります。

●なぜ80歳で20本以上なのか

大人の歯は親知らずを除くと全部で28本の歯があります。そのうち少なくとも20本以上歯が残っていればほとんどの食物をかみ砕くことができ、おいしく食べられるのです。

●自分の歯でないとおいしく食べられないの?

ご自身の歯を失い、差し歯や入れ歯などが多くなってしまうと、食物によってはかみ砕けないものが出てしまったり、また食感などが変わってしまい味の感じ方が違ってきてしまうことも。

歳をとってもおいしく日々の食事を楽しむにはご自身の歯をできるだけ残すように努力していくことが大切です。

●8020(ハチマルニイマル)は可能なのか?

1989年に8020運動(ハチマルニイマル)が始まった当初は達成率も7%で平均的に残っている歯が4~5本でしたが、2007年の中間報告では25%を達成しお口の健康への意識の高まりが見られます。

歯を失う原因で最も多いのは生活習慣病といわれる歯周病です。歯周病は初期を含めると成人の80%が罹っているといわれており、より多くの歯を残すにはこの歯周病の予防が重要になります。

歯周病というと年齢が高い方の病気と思われがちですが20代後半から歯周病の罹患者が増えてきます。ですから早くから意識的に予防を心がけることが大切です。

●8020(ハチマルニイマル)の実現のためにできること

歯ブラシによる歯磨きはもちろんですが、毎日のケアにフロス(糸ようじ)の使用を。そして、これら日常のケアの他に、ぜひ定期的に歯科医院に通いプロのクリーニングや指導を受けることをおすすめします。

(ライタープロフィール)

鈴木ハナコ(歯科衛生士)/幼い時から医師や歯科医師などの医療関係者に囲まれて育ち、反発したものの大学卒業後自身も結局医療関係職に就く。本職の傍ら医療分野のコラムを執筆。現在結婚し、これまた医療関係職の夫と2児と暮らす、母親業と子どものことはわからないことだらけながらも日々奮闘中。気になったらとことん調べたいという性格が影響するためか、調べ始めたら止まらない。専門家へのインタビューも積極的にこなします! “キチンと知りたい”をモットーに取材、執筆活動中。趣味はお手軽アウトドア。