1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュベール ワーク 2015年プレフォールコレクション - ミリタリーにフェミニニティを添えて

ミュベール ワーク 2015年プレフォールコレクション - ミリタリーにフェミニニティを添えて

  • 2015.2.10
  • 490 views

ミュベール ワーク(MUVEIL WORK)が、2015年プレフォールコレクションを発表した。

テーマは「ハンター(HUNTER)」。狩猟を趣味として嗜んでいた貴族たちのクラシックなスタイルと、現代の狩猟家たちをイメージしたカジュアルなスタイルの2部構成で展開された。

コレクションを見渡すと目に留まるのは、テーマとは相反するミニブラックドレスのルック。ホワイトの襟、ふんわりと広がったシルエット、ポインテッドトゥのヒール…。これまでカジュアルなアイテムを中心に展開していたミュベール ワークだが、今季はフェミニンなワードローブが差し込まれている。リボンとパールのボタンがあしわれたミリタリーカーディガンや、ホワイトのシフォンスカートなど、上品なアイテムが揃い、新しいブランドイメージを構築しているかのようにも感じさせた。

一方で、アイコニックなミリタリーやデニムは健在。ロング丈のMA-1や落ち感のあるモッズコートなど、シルエットへのこだわりが感じられるアウターや、ダメージ加工を施したデニムは、現代のハンターたちの必需品をモダンにアップデートしたもの。また貴族を彷彿とさせる、センタープレスのスラックスやチェスターコートなど品のあるアイテムも揃った。

コレクションピースにキュートな雰囲気を与えるのは、動物モチーフのニットたち。今季はテーマにあわせ、狩猟の手助けをしたビーグル犬や獲物となったシカが採用された。一針一針編み込まれたハスキー犬は、刺繍糸の持ち味が生かされ、立体感があり、よりリアリティのある仕上がりに。

定番のボーダートップスやロゴスウェットなどを展開し、ブランドが得意とするワークテイストを活かしながらも、そこに柔らかで女性らしいエッセンスを加えた今季。カジュアルなトップスからフォーマルなドレスまでさまざまなテイストが提案され、より幅広い世代へ向けたワードローブが披露された。