サム・スミスが主要4部門3冠達成! 第57回グラミー授賞式受賞結果速報

世界最高峰の音楽の祭典『第57回グラミー賞授賞式』がロサンゼルスのステープルズ・センターで2月9日月曜(現地時間8日)に開催され、各部門の受賞者が発表となった。

【関連記事】ノミネーションコンサートの司会で大活躍、LL・クール・Jは俳優姿もイケてる~!!

最も注目が集まる主要4部門では、今授賞式での躍進に期待のかかるサム・スミスが、最優秀新人賞を皮切りに、年間最優秀楽曲賞、年間最優秀レコード賞を獲得し、主要部門3冠を含む4冠を達成した。サムをスターダムへと押し上げた楽曲『ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい』は、彼の心の内をストレートに表現した歌詞と、それをパワフルに、そして繊細に歌い上げる圧倒的な歌唱力が生み出した名曲だ。また、年間最優秀アルバム賞にはベックの『モーニング・フェイズ』が輝いた。ベックは、最優秀ロック・アルバム賞との2冠を達成し、ステージでもクリス・マーティンとの豪華コラボを実現させるなど、4冠達成のサム・スミスと並び主役級の活躍を見せた。

<第57回グラミー賞 主要4部門受賞結果>
■年間最優秀レコード
『ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい』サム・スミス
■年間最優秀アルバム
『モーニング・フェイズ』ベック
■年間最優秀楽曲
『ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい』サム・スミス
■最優秀新人賞
サム・スミス

また、授賞式を彩るスペシャル・パフォーマンスは、ベテランロックバンドAC/DCのアクトでその幕を開けると、昨年話題をさらったファレル・ウィリアムスが、大ヒット曲『HAPPY』のスペシャルバージョンを披露。受賞発表でも注目されたサム・スミスは、大勢のストリングスをバックにメアリー・J・ブライジと『ステイ・ウィズ・ミー』を熱唱した。アッシャーのステージではスティービー・ワンダーがサプライズ登場し、会場中から歓声が上がった。そしてリアーナ、カニエ・ウェスト、ポール・マッカートニーの3人が、コラボソング『フォー・ファイヴ・セカンズ』を世界初披露。大トリはコモンとジョン・レジェンドが努め、オーケストラとコーラス隊を従えた2人の実力派アーティストの荘厳なステージングで今年の授賞式は幕を閉じた。

なお、WOWOWで生中継となった「第57回グラミー賞授賞式」の模様は、同日2月9日(月)夜10:00からWOWOWライブにてリピート放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:サム・スミス
(c)Getty Images

元記事を読む
提供元: 海外ドラマナビの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理