【今日のインサイト】2月9日は「風の日」。「朝東風」の読み方は?「ぽやぽやみなみ」ってどんな風?

2月9日は、「風の日」。風が吹く(2=「ふ」9=「く」)という語呂合わせに由来しています。ひと言で風と言っても、かなりの種類があるのをご存じですか?

今回は珍しい風の名前を辞書で調べて集めてみました。あの風は、ちゃんと呼び名があるんです!

あさごち【朝東風】

春の朝に吹く風。

(大辞林 第三版)

あぶらかぜ【油風】

油まじ、油まぜとも。油を流したような静かな風ということだが、「まじ」は南寄りの風を示す。晩春の穏やかな晴天の日に吹いている風のこと。

(世界大百科事典 第二版)

かぜかおる【風薫る】

薫風(くんぷう)ともいう。夏、青葉を吹きわたるにおうようなさわやかな風。

(日本大百科全書(ニッポニカ))

かつおびより【鰹日和】

春の東風の吹く日。

(日本大百科全書(ニッポニカ))

かりわたし【雁渡し】

初秋の頃に吹く北風。青北(あおぎた)。

(大辞林 第三版)

くろはえ【黒南風】

梅雨入りの頃、どんよりと曇った日に吹く南風。[季]夏。

(大辞林 第三版)

こうふう【光風】

1. 雨あがりの輝く草木の上を渡る風。

2. うららかに晴れた春の日に吹くそよ風。

(大辞林 第三版)

しかのつのおとし【鹿の角落し】

2, 3月ごろ、晴れた日に吹く南西風。山口県でいう。

(日本大百科全書(ニッポニカ))

しらはえ【白南風】

梅雨明けの頃、南から吹く風。しろはえ。[季]夏。

(大辞林 第三版)

はつなぎ【初凪】

元旦の凪。

(日本大百科全書(ニッポニカ))

ぽやぽやみなみ【ぽやぽやみなみ】

初春の南風。茨城県でいう。

(日本大百科全書(ニッポニカ))

やえのしおかぜ【八重の潮風】

はるか遠方の海路を吹いてくる風。

(デジタル大辞林)

やませ【山背】

1. 山を越えて吹いてくる風。山背風。

2. 東北地方の中・北部の太平洋側(特に三陸地方)で,梅雨期から盛夏期にかけて吹く北東風。オホーツク海高気圧がもたらす冷湿な風で,長く続くと冷害の原因となる。 [季] 夏。

(大辞林 第三版)

 

ご存じの呼び名はありましたか? これまではただ暖かい、冷たい、強い、弱いなどで区別していた風も、呼び方を知ることで、ちょっと特別に感じるのではないでしょうか。(鈴木 梢)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理