1. トップ
  2. 恋愛
  3. ブラッドリー・クーパー主演『アメリカン・スナイパー』、ブラッドリーの役作りがすごい

ブラッドリー・クーパー主演『アメリカン・スナイパー』、ブラッドリーの役作りがすごい

  • 2015.2.6
  • 1313 views

クリント・イーストウッド監督作品の最高傑作と呼び声が高い、映画『アメリカン・スナイパー』。本年度アカデミー賞で作品賞と主演男優賞を含む6部門にノミネートされた本作が、2月21日(土)より全国公開する。

【関連記事】生中継のスリル、難しさ、そして報われる一瞬。映画やドラマとは、異なる醍醐味!!

本作は、13週にわたりニューヨーク・タイムズ紙べスト・セラー1位を独走したクリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」(原書房刊)の映画化。

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊したクリス・カイルが命じられた任務は、"どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守る"こと。その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは、"レジェンド"の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、その首には18万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。

いっぽうでクリスの素顔は、遠い戦地にいながらも大切な家族にとって、良き夫であり良き父でありたいと願うひとりの男。米国の英雄として崇められた彼が、過酷な戦地と家庭との合間で苦悩し、精神が崩壊していく様が壮絶に描かれる。

混迷が続くイラク戦争を舞台にしているにも関わらず、主人公とその妻が織りなす家族の葛藤とエモーショナルなドラマが共感を呼び、全米興行ランキング3週連続1位を獲得。全米興行収入は約2億5000万ドル(300億円)を突破し、社会現象となる大ヒットを遂げている。

なんといっても大ヒットの要因のひとつは、クリスを演じるブラッドリー・クーパーの驚異的な肉体改造を経て挑んだ熱演だ。実弾での訓練や過酷なトレーニングに加え、体重を約18キロも増量。まるでクリス本人の生き写しだと言われているブラッドリーが、俳優人生を賭けて挑んだと言っても過言ではない役作りが見どころとなっている。

3年連続でアカデミー賞主演男優賞ノミネートを果たしたブラッドリー主演の『アメリカン・スナイパー』は、2月21日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッドリー・クーパー&クリス・カイル
(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC