1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 『博士と彼女のセオリー』フェリシティ・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』スピンオフ映画に出演か

『博士と彼女のセオリー』フェリシティ・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』スピンオフ映画に出演か

  • 2015.2.5
  • 1266 views

『博士と彼女のセオリー』で物理学者スティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)の妻ジェーンを演じ、オスカーにノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。その彼女が、ギャレス・エドワーズ(『GODZILLA ゴジラ』)が監督する『スター・ウォーズ』のスピンオフ映画で、主要な役を演じるべく出演交渉を行っているという。The Hollywood Reporterなどが伝えた。

【関連記事】渡辺謙、ブライアン・クランストンら豪華スター集結! 映画『GODZILLA』ワールドプレミアに潜入!

フェリシティは『博士と彼女のセオリー』出演のあと、米サンダンス映画祭にて上映された『True Story』で、ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)やジェームズ・フランコ(『オズ はじまりの戦い』)と共演。そしてこのあと、ロン・ハワードが監督する『ダ・ヴィンチ・コード』の続編映画『Inferno』に出演するなど、多忙をきわめている。

そのため先月の報道では、日程の折り合いがつかないのではないかとされていたが、調整が行われる見込みのようだ。

なお、この役のために先月オーディションを受けた女優は、フェリシティのほか、ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』のタチアナ・マズラニー、映画『ドラゴン・タトゥーの女』(デヴィッド・フィンチャー監督)でオスカーにノミネートされたルーニー・マーラ、さらにルーニーの姉にあたるケイト・マーラ(『トランセンデンス』)などが含まれていたと伝えられている。

一方、主要な男性の役柄には、アーロン・ポール(『ブレイキング・バッド』)やエドガー・ラミレス(『ゼロ・ダーク・サーティ』)などが候補に挙がっているとのこと。

映画の内容はまだ明らかにされていない。脚本は当初、ゲイリー・ウィッタ(『アフター・アース』)が担当していたが、第一稿のあとプロジェクトを離脱し、現在はクリス・ワイツ(『シンデレラ』)が担当している。劇場公開日は2016年12月16日(金)に予定されている。

なお今回の報道について、ディズニーはコメントをしていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:フェリシティ・ジョーンズ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む