1. トップ
  2. レシピ
  3. 「ガスが溜まって辛い…」その原因は冷えかも!?スッキリお腹を手に入れる食べ物3つ

「ガスが溜まって辛い…」その原因は冷えかも!?スッキリお腹を手に入れる食べ物3つ

  • 2015.2.4
  • 920 views

便秘に悩む女子は多いけれど、同じくらい「ガス」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。人前で出すことも出来ず、でもお腹が張ってツラい……。そんなポッコリお腹は、冷えが原因のことも! お腹を温めることで、スッキリお腹になれるかも知れませんよ。

■冬のポッコリお腹の犯人は冷え!?

腸の専門家として有名な松生クリニックの松生医院長によれば、外気温と室内気温が10℃以上になると腸の不調を訴える人が約3倍になるそう。人間の身体は、深部体温が37℃台で正常に機能するようにできているため、冷えで深部体温が下がると、胃腸の働きが緩慢になりガスが溜まりやすくなって、ポッコリお腹になってしまうそうです。

■ポッコリお腹の解消に!腸を温める食べもの

(1)ホットスムージー

スムージーは、野菜が細かく砕かれているため、冷えで弱った胃腸にもやさしい飲み物ですが、冷たいものはNG。人肌程度に温めたスムージーや、身体を内側から温める働きのある、ジンジャーパウダーを加えたホットスムージーがおすすめ。

(2)オートミール

オートミールは水溶性食物繊維が豊富。ガスが溜まってツラい時には、ゴボウやセロリのような筋っぽい不溶性食物繊維は、かえって腸の負担になってしまう場合もあります。ホットミルクや出汁で煮込んだオートミールを食べましょう。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境美化をサポートします。

(3)ホットヨーグルト

ヨーグルトは、ビフィズス菌などの善玉菌が含まれ、腸内環境美化によい食べ物なのですが、やはり冷たいまま食べては、胃腸を冷やしてしまいます。人肌程度に温めるか、シナモンやジンジャーパウダーなど温め食材を加えて食べましょう。

腸内環境を良い状態に保っておくことは、美肌作りの基本。身体を内側から温めて、スッキリお腹も美肌もゲットしたいですね。

(岩田麻奈未)