1. トップ
  2. レシピ
  3. まだ引きずってない!?お正月太りをリセットする飲みもの4つ

まだ引きずってない!?お正月太りをリセットする飲みもの4つ

  • 2015.2.3
  • 630 views

お正月太りは解消しましたか? まだ、引きずっているという方、そろそろリセットしないと太った体に慣れてしまうことも! 脂肪燃焼スイッチをONして体をリセットしましょう!

■脂肪燃焼スイッチをONする飲み物4つ

(1)コーヒー

コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」には、エネルギーとして脂肪を燃焼する力を高めて、すでに身体に蓄積された体脂肪を減少させる作用があることが判っています。また、カフェインには、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を高める作用がありますから、働きを妨げないためにも、コーヒーはブラックで飲むのがおすすめ。

(2)チャイ

牛乳に含まれる「ラクトフェリン」には、脂肪細胞に働きかけ脂肪の分解を促す働きがあるそう。実際、牛乳をよく飲む女性と、そうでない女性を比べた場合には、前者の腹囲、BMI(ボディマス指数)、中性脂肪が低かったそうです。また、シナモンやカルダモン、ジンジャーなどのスパイスの香りには、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を高める作用があることが判っています。お砂糖を入れずに、ストレートで飲みましょう!

(3)杜仲茶

杜仲茶に含まれるポリフェノールには、基礎代謝を高めて、すでに蓄積された脂肪を減少させる効果が認められています。また、杜仲茶を飲むことで、食べ過ぎを予防したり、脂肪の吸収を抑える働きもあるそうですから、お食事中の飲み物に最適!

(4)トマトジュース

トマトに含まれる「13-oxo-9」という成分には、脂肪の燃焼を促す効果があることが判っています。トマトそのものよりトマトジュースに多く含まれるそうですから、砂糖・塩不使用のトマトジュースに、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を高める効果のあるタバスコやジンジャー、コショウなどのスパイスを加えれば、より効果的に!

■飲んだら「動く」が鉄則!

せっかく分解されたり、脂肪の燃焼する力が高まっていても、何もしないで過ごしていては、また脂肪として取り込まれてしまいます。脂肪燃焼スイッチをONしたら効果を高めるためにも動きましょう。

運動しなきゃ! と思うと、気が重くなってしまう方は、朝の通勤通学前や入浴前に飲めばOK!「飲んだら動く」を実践して、お正月太りをリセットしたいですね。

(岩田麻奈未)

元記事を読む