「経路」がわかれば効果もUP!ふくらはぎをもんで冷え・むくみを解消!!

デスクワークが続いたり、運動不足になると、ふくらはぎが冷えたりむくんだりしてしまう…と悩んでいる方は多いはず。ふくらはぎは、下半身に集まった血液を心臓に押し戻す作用があることから「第2の心臓」とも言われているほど重要な場所。ふくらはぎに集中している「経路」に沿ってマッサージをして冷えやむくみを解消しましょう!

■ふくらはぎは第2の心臓

人間は2本足で歩くため、下半身に全身の血液の約70%が集まっています。大量の血液を心臓に押し戻すためのポンプとして必要なのが、第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎなのです。

しかし、仕事の関係で座りっぱなしで動かす時間が少なくなると、循環が悪くなり、むくみや冷え、代謝の衰えにも繋がってしまいます。

■ふくらはぎには「経絡」が集中している

経絡とは東洋医学の概念で、気血の通り道として考えられています。人間の体には14本の経絡が通っており、その経絡の上に「ツボ」が点在していると言われます。ふくらはぎには経絡が集中し、それぞれ臓器と対応しています。

ふくらはぎの内側には、肝代謝や婦人科に関係している「脾経」「腎経」「肝経」が通っています。冷えやむくみ、生理痛に悩まされる人はここがこっていたり、痛みを感じます。

外側には胃腸や消化器に関係した「胃経」と「胆経」が通っています。ストレス・胃痛・肩こりがある人はここに違和感があります。後ろ側は「膀胱経」が通っているため、ここがこると腰痛・後頭部の痛み・不眠などの症状が起こりやすくなります。

■マッサージの仕方

内側・外側・後ろ側と下から上に、くるくると手のひらでらせんを描くようにマッサージします。

これをそれぞれ4〜5回行います。

その後、今度は下から上にきゅっきゅきゅっと指圧のような感じで、イタ気持ちいいくらいの少し強めに押して下さい。内側と外側は特に骨際がこっていたり、痛かったりするので丁寧にほぐしましょう。

体が暖かくなってきたな、ふくらはぎが柔らかくなってきたなと思ったら終了です。重い冷え性の人はなかなかほぐれなかったり、冷えがとれなかったりしますが、ほどほどの所でやめておき、毎日少しづつ続けてみて下さい。

マッサージはお風呂上がりや寝る前にするのが効果的。新陳代謝もあがりダイエットにも良いそうなので、是非試してみてくださいね。

(LBR編集部)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理