1. トップ
  2. 恋愛
  3. 離婚を申請したマライア・キャリーとニック・キャノン、元ベビーシッターから訴えられる!

離婚を申請したマライア・キャリーとニック・キャノン、元ベビーシッターから訴えられる!

  • 2015.2.3
  • 340 views

かねてから不仲説が囁かれ、離婚間近だと言われていた歌姫マライア・キャリーと夫ニック・キャノン。先月、正式に裁判所で離婚を申請していた二人が、元ベビーシッターから訴えられていることがわかった。

【関連記事】マライア・キャリーとニック・キャノンの破局が明らかに! 新ロマンスの噂をニックが否定

2008年に結婚した二人の間には、3年後の2011年に双子のモロッカン君とモンローちゃんが誕生している。米E!Onlineが入手した書類によると、マライアとニックを訴えたのは、2013年10月から2014年1月まで双子のベビーシッターとして勤務していたシモネット・デコスタさん。昼間に子供たちの面倒を見ていた彼女は、マライアとニックの旅行にも同伴し、邸宅に住み込みで働いていたこともあるとのこと。

彼女は、週100時間以上働いてたにもかかわらず40時間を超えた分の残業代の支払いがなく、常に夫妻の都合に合わせて出勤できるように待機していなければならなかったと訴えている。そして、"双子に愛情を示し過ぎた"ため、不当に解雇されたというのだ。シモネットさんは、残業代と割増料金、契約違反の損害賠償に裁判費用と弁護士代、判決前利息とその他費用を請求している。

毎年、結婚記念日に大掛かりにロマンチックなイベントを楽しみ、おしどり夫婦として知られていたマライアとニックだけに、離婚のニュースは残念でならない。大変な時期に元雇用者から訴えられて、二人にとってダブルで辛い出来事となってしまった。

※Simonette DeCostaは発音表記にしています。(海外ドラマNAVI)

Photo:マライア・キャリー&ニック・キャノン
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net