1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『スーパーマン リターンズ』ケイト・ボスワース、夫が“運命の人” だと分かった瞬間は!?

『スーパーマン リターンズ』ケイト・ボスワース、夫が“運命の人” だと分かった瞬間は!?

  • 2015.2.2
  • 334 views

映画『スーパーマン リターンズ』のヒロイン役などで知られるケイト・ボスワースが、夫のマイケル・ポーリッシュ監督(『Big Sur』)が"運命の人" だと分かった瞬間について語っている。

【関連記事】第87回アカデミー賞ノミネート発表! 『バードマン』『グランド・ブダペスト・ホテル』が最多9部門

2011年、ケイトはポーリッシュ監督が手掛けた映画『Big Sur』に出演し、一緒に仕事をしたことがきっかけで交際がスタート。そして2013年8月、モンタナ州フィリップスバーグにて結婚した。

海外女性ファッション誌「Marie Claire」英版3月号の表紙を飾り、インタビューに応えたケイト。結婚する前はオーランド・ブルーム(『ホビット』シリーズ)とも交際していたケイトだが、一体どうやって監督が運命の人だと分かったのだろうか?

「突然すごい勢いで何かに打たれたみたいに、椅子から転げ落ちそうになったの。よく周りの人は"分かる時は分かる"って言うけど、(夫に会うまで)そんな瞬間は訪れなかったから不満に感じていた。でも、マイケルが部屋に入って来た時に、今まで経験したことがないような感情を持ったの。彼との出会いは、まるで故郷に帰るように居心地が良くて安心感があって、同時にワクワクする感じだった」と言うケイトは、ポーリッシュ監督にひと目惚れだったようだ。

監督と結婚したことで、彼の娘のステップマザーとなったケイトは、母親になったことについても語っている。

「もし私が25歳だった時に、誰かに"あと数年で義理の母親になるわよ"て言われてもピンと来なかったと思う。でもマイケルとジャスパー(監督の娘)とは相性が最高だから、努力しなくても自然にうまく行くの」と、母親としての役割にも満足している様子。

そんな幸せいっぱいのケイトが出演する映画『アリスのままで』は、6月に日本公開が決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケイト・ボスワース
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net