TAKAHIRO「いつかは…」映画監督に意欲も、黒木瞳監督のアドバイスは「美人すぎて入ってこない」

6月13日(水)、『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』の『Branded Shorts 2018』部門にて『“ショートフィルムの魅力”powered by ネスレ日本』が都内にて行われ、黒木瞳さん、EXILEのTAKAHIROさんらが語り合いました。

『SSFF&ASIA』は、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭。
『Branded Shorts』は企業や団体がブランディングを目的に制作したショートフィルム(ブランデッドムービー)を表彰する部門となっています。
今回、TAKAHIROさんは、ショートフィルム『カナリア』(松永大司監督)で主演を務めました。

演じた役どころについて、TAKAHIROさんは「台詞が二言くらいしかなくて、大丈夫なのか、と思いながらいどみました」と苦笑気味に言うと、アンバサダーも務めるLiLiCoさんは「少ないほうが難しいじゃないですか?」と投げかけます。
TAKAHIROさんはうなずき、「難しいです。言葉に出す難しさもあると思うけれど、言葉にできない憤りというか」と同意。

LiLiCoさんが「観ているほうとしては感じ取れたけど、ルックスが全然違ったね!」とさらに感想を伝えると、TAKAHIROさんも「そうですね。監督には“EXILEのTAKAHIROをいかに消すか”と言われたので」と言えば、「素敵なフェロモンが消せるんだなって!」とLiLiCoさんも、別人のような役作りに太鼓判を押していました。
さらに、『カナリア』が1編を成す『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』について、LiLiCoさんは「LDHの皆さんはいい男ぞろいなのは皆がわかることですけど、本作を通して見たことのない表情、演技にすごく惹かれます。“イケメンだらけ”という表現もいいですけど、もっと深いものがいっぱいある」と魅力をとうとうと伝えました。

代表の別所哲也さんとLiLiCoさんに「黒木瞳さんのように監督デビューは?」と強く勧められると、TAKAHIROさんは「いやいや、僕は……。役者として学ぶべきことがたくさんあるので、学びながら、いつかやってみたいとは思います」と意欲を見せていました。
そこで黒木さんが女優として表現することと、監督として存在することの違いやアドバイスをTAKAHIROさんに話し始めましたが、TAKAHIROさんは「黒木さんが美人すぎて内容が入ってこない(笑)」と茶目っけたっぷりに返事をし、会場を沸かせていました。

『SSFF&ASIA2018』は開幕中です!

元記事を読む
提供元: NOSH(ナッシュ)の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理