1. トップ
  2. ファッション
  3. ワーキングガールのためのトレンドトピック KEYWORD 11~13

ワーキングガールのためのトレンドトピック KEYWORD 11~13

  • 2018.6.12
  • 941 views

KEYWORD 11:ネオンカラーで身を守る

暗い夜道では、発光しそうなほど鮮やかな色を着て、あらゆる危険を跳ね返す!

イエローグリーンにパイソン柄、パンチのあるミックス・マッチ
プラダは今シーズン、「ネオン」キーワードの発信源。ワークの要素とガーリーテイストがネオンをキャンバスにハイブリッドされた
ビビッドなピンクをのせたスポーティなコートは、なんとラムレザー製。フランチェスコ・リッソのリュクスな遊び心を感じる。グリーン、ブルーとの色合わせもエネルギーに満ちて
足もとのパイソンまで黄色に染まったオール・イン・イエロー。良家の子女風スタイルを鮮やかに裏切る配色が今季らしい

KEYWORD 12:三種のワザで首元リニューアル

巻いて、飾って、差し込んで。ネックまわりのひとひねりが進化

中綿入りのシルクペイズリーマフラーをラフにひと結び。メンズライクなジャケットを新鮮な印象に
厚手のウールのマフラーを首元で大胆に巻いて。小顔効果も!
シャツの襟を立ち上げブローチ留め。チョーカー代わりのアクセサリーとして取り入れたい
四方八方から矢が刺さるキャッチーなハートのブローチをノット部分に飾る。ドレスの装いをワンランク上げるアイデアだ
デニムベストの首元からサテンシャツの一部をトレンチコートのガンパッチのようにのぞかせる。ツイストのきいたデザイン
10 フリンジがきいたポロ襟風のニットのつけ襟。ネックウォーマーとしても使える優れもの

KEYWORD 13:機能的なアウトドア・モード

考えられた作りでありながらいかにおしゃれに落とし込むかがデザイナーの腕の見せどころ

11 ボディスーツに羽織ったのは、超機能的アウター。用途別ポケットがいくつも配され、現場で“あれどこだ!?”ともう迷わない!
12 サイクルジャージにダウンというスポーツ一直線のトップにグレンチェックのスラックスを合わせ、意表を突く着こなしに
13 1952年のハンター用ウェアを進化させたポンチョは、バブアーとのコラボレーション。オイルドクロスはライトウェイトで街仕様に
14 ビッグサイズのマウンテンコートにスキニーボトム、ラインソックスとバッファロースニーカーで、90年代を再び
15 国際自然保護連合とパートナーシップを結んだラコステ。虎の転写プリントで全身を覆うコートは、自然界からの防護性も重視