1. トップ
  2. ファッション
  3. ワーキングガールのためのトレンドトピック KEYWORD 4~7

ワーキングガールのためのトレンドトピック KEYWORD 4~7

  • 2018.6.12
  • 2414 views

KEYWORD 4:プリーツ・ニューウェーブ

今季はスカートのみならずコートやワンピースにも! 表情豊かに演出する

ダスティローズのプリーツトップスにグレーの巻きスカートを重ねて全身にプリーツを纏う。マラボーファーがリュクスな趣
ヨーク部分から身頃と袖に細かなプリーツを施したコート。リアルレザーのトリミングがロエベらしいアクセントになっている
ダブルブレストのコートは、サイドにプリーツを施し、フェミニニティをひとさじ。コートと同柄のブーツを合わせたモダンなルック
スポーツのユニフォームに着想を得たトップスに、プリーツスカートで可憐さを添える
一見普通のプリーツスカートに見えて、実はラテックス素材。型にはめて作られるプリーツはまさに新潮流

KEYWORD 5:エレガントなテントシルエット

大胆に広がる布地をはためかせ、風を切って歩けばエグゼクティブ気分

ケープ形のミニドレスには、ハンカチーフのような繊細な刺しゅうを施した襟が飾られて
漆黒の夜をテーマに、ノースリーブとケープのトレンチを重ねた、どこか緊張感漂うルック
なめらかなウールのケープコートは、袖口にボヘミアンなディテールが施されている。ムッシュ イヴ・サンローランのロシアンコレクションへオマージュを捧げたもの
まろやかなグレージュのドレスからアイスグレーのパンツへの、清らかなトーン・オン・トーン

KEYWORD 6:“パワーコンサバ”が新しい

ブルジョア的な紳士・淑女の定番が、現代的な強さを纏って表舞台にやってきた

10 パワーショルダーのニットをジャケットのように纏いベルトバッグで今らしさもプラス。シャープなハットが厳かなムードも加速させる
11 キャメル色で統一したダブルブレストジャケットとタイトスカートのレディライクなルックは、極力肌を露出しない禁欲的な強さがある
12 シックな膝丈スカートに対して、トップスには“スペースシップ”に着想を得た制服の要素をオン。二次元的要素で、コンサバスタイルに新風を
13 ミドルレングススカートにシャツ。王道のスタイリングは、エコエナメルレザーの艶とカナリア・イエローでポップに生まれ変わる
14 ジオメトリック柄のスーツは、ショートパンツから足を出して快活に着こなす

KEYWORD 7:スカーフは“着る”ものです

働く女性のシンボルともいえるスカーフを、今季は全身で

15 80〜90年代のシルクスカーフ柄を復刻しつなぎ合わせたシャツ。「TIME」をテーマに、さまざまな年代のアーカイブスをちりばめて
16 どこかオリエンタリズムが漂う総スカーフ柄のジャンプスーツに、花柄のレッグウォーマーを掛け合わせて。ハイテクスニーカーではずした
17 ブランドのアーカイブ・スカーフから柄を引用。まったく異なる二種の柄を合わせているものの、ノーブルな印象に落ち着いている
18 シルクスカーフを収集するフロントロウのエリザベス女王に捧げるかのように頭から小物まで覆った。大きなバッグにアレンジして今らしく
19 裏地が表出したようなジャケットはリバーシブルで装える