ジャン=ポール・エヴァンが「納豆」を使ったチョコレートを期間限定で発売!老舗「天野屋」のドライ納豆を使用

パリ発のショコラティエ「JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)」が、納豆を使った新作「タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ」を発表しました!

ジャン=ポール・エヴァンの新作は納豆チョコ!?

日本の国民食‟納豆”を起用したこの大胆なアプローチは、エヴァン氏が以前から発酵食品に興味を持っていたことから生まれたアイデアだとか。

神田の老舗「天野屋」のドライ納豆を使用

新作タブレットに使用されているのは、神田・天野屋のドライ納豆。

天野屋は、日本産の遺伝子組換えでない無農薬の大豆を使用したこだわりの納豆を製造している、1846年(弘化3年)創業の老舗です。

エヴァン氏はこちらのドライ納豆を試食してすぐに、「この特徴的な味はフルール ドゥ セル(塩の花)を加えた、キャラメル風味のミルクチョコレートに合うはず」と確信したそう。

甘く優しい口当たりのミルクチョコレートに塩をアクセント加えた同商品は、赤い実のフルーツを思わせるコートジボワール、ガーナ産のカカオを使用したタブレットの平らな面に、ドライ納豆を敷き詰めています。

全国の店舗またはオンラインブティックで購入可能!

ハーフサイズの価格は897円(税込)で、7月20日(金)から8月31日(金)まで、ジャン=ポール・エヴァン全ブティックおよびオンラインブティックにて販売されます。

完成した時、エヴァン氏があまりの美味しさに思わず1枚食べきってしまったという微笑ましいエピソードもあるほど美味な「タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ」。

納豆好きでなくともチェックしたい逸品です♪

JEAN-PAUL HÉVIN JAPON

https://www.jph-japon.co.jp/

提供元: isutaの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
老舗の宇治茶店「三星園 上林三入」でお抹茶づくり
京都・宇治に佇む「三星園 上林三入(みつぼしえん かんばやしさんにゅう)本店」は、創業天正年間の老舗の宇治茶専門店です。高級宇治茶を使った「抹茶づくり体験」、貴重な歴史資料を拝見できる「宇治茶資料室」、お抹茶と和スイーツを堪能できる「喫茶室」があります。ぜひ足を運んでみてください。
LeTRONC
AIを駆使したチョコレート!?時代のムードを味わえるチョコレートが登場
チョコレート専門店のダンデラ イオン・チョコレート・ジャパン株式会社は、AI を駆使した、社会を反映する新聞記事からその時代のムードをチョコレー トの味わいで再現した「あの頃は CHOCOLATE」を新たに発売します。
LeTRONC
歴史ある老舗の人気メニュー。 濃厚生クリームと新鮮フルーツ!【都内】美しい絶品フルーツサンドが楽しめる老舗パーラーとは?
老舗の青果店がリニューアルしてフルーツパーラーを開いたり、農家と直接取引するお店が登場したり。都内にはフルーツサンドを楽しめるお店が増加中。ふわふわの生クリームと新鮮なフルーツ、断面が美しさ目も舌も大満足すること間違いなしです!…
Hanako
ゴディバのクリスマスはパッケージもLOVE♡ 聖なる夜に甘〜いチョコレートで癒されよう
ゴディバが、クリスマス限定の「ドゥーズ ジュール ド ノエル コレクション」を2018年11月1日(木)から12月25日(火)まで発売!
しごとなでしこ
ジャケットは良質なものを。イギリス老舗LAVENHAMのいつまでも愛用できるジャケット
良質な素材で人気のラベンハムの定番をおさらい。あなたの長年寄り添うパートナージャケットの魅力と最新アイテムとは? 1969年、イギリスのサフォーク州ラベンハム村で誕生したラベンハム。もともとはエリザベス女王の女官として仕えていたミセス・エリオットが、女王のために作ったナイロンキルティングの乗馬用ブランケットが始まりでした。その軽さと丈夫さ、保温性の高さが高く評価され、馬だけではなく乗馬愛好家のために誕生したジャケットが、「キルティングジャケットといえばラベンハム」と言われるように。その後、1993年にA.P.C.とコラボをしたのをきっかけに、これまでグッチやフレッドペリー、ケンゾーなど様々なブランドと手を組み、ファッション感度の高いジャケットとして地位を確立しています。 100%自社生産している商品を本格リペアしてくれるのもラベンハムならでは。長年使うことで劣化したコーデュロイやキルティングも、修理し生まれ変わることでより長く愛用することができます。 ラベンハムの定番といえばコレ 左:RAYDON ¥29,000 右:CRAYDON ¥33,000 ポケット口や前立てのコーデュロイが品の良いアクセントになった襟付きのキルティングジャケット「RAYDON」とフード付きの「CRAYDON」。ベーシックな黒とネイビーは、きれいめにもカジュアルにも着回せる定番ジャケット。撥水性もある丈夫なキルティング素材は軽くて保温性が高く、天候に左右されることなくデイリーに着用できます。 気分によって変えられる、2WAYジャケット SYLEHAM ¥59,000 取り外しができるファーフード付きのミドル丈キルティングジャケットはその日によってスタイルを変えられる一枚。柔らかいフェイクファーの裏地がヒップまですっぽり温もりを保ってくれる上、重量感なく軽く着こなせます。フードを取り外して自分好みのファーを合わせるワンランク上級な楽しみ方をしてみるのもいいですね。 素材違いでグンとモダンに PALGRAVE ¥59,000 ウールとラベンハムの定番ポリエステル素材「ラブンスター」の切り替えロングジャケットは、他者と差別化できる一枚。こちらも裏地はフェイクファーで、ウールの柔らかさとファーの肌触り、マットな光沢感があり軽いラブンスターの3つの素材を楽しむことができます。ラグラン袖なので動きやすく、ノーカラーのコクーンシルエットが女性らしさを際立たせます。 ベーシックなアウターには良質なものを トレンドを追ったファッションアイテムもいいけれど、長年寄り添ってくれる良質のジャケットは一枚持っておきたい。ラベンハムのキルティングジャケットは、きっとそんな一枚になってくれるはず。 乗馬文化を持つイギリスが生み出したラベンハムはその伝統を守りながらも、現代的に進化したキルティング素材やトレンドを取り込みながらスタイルを貫くデザインを生み出しています。だからこそ汎用性が高く長く人々に愛されているのですね。 問い合わせ先:渡辺産業プレスルーム 03-5466-3446 lavenham.jp text:和田典子
PeLuLu
銀座の老舗にミシュラン2つ星も “冬に贈りたい”おせんべい3選
米菓の起こりは、平安時代、硬くなったお正月のお供え餅を欠き割って、揚げて食べたのがはじまりとされています。もち米で作るおかきやあられも、うるち米で作るおせんべいも、いまでは季節問わずあるけれど、冬にこそ贈りたいアイテム。かしこまらない菓子なので、相手に余計な気を遣わせないし、軽くて、日持ちがするのも使い勝手がいいところ。実は、おせんべいは、手みやげの好適品なんです。
anan web
プレゼントや手土産にオススメ、スタイリッシュなチョコレート『foo CHOCOLATERS(フーチョコレーターズ)』【多屋澄礼のカルチュアルな生活】
音楽、映画、本、アートに囲まれた上質な生活をスタンダードに。多屋澄礼によるお勧めの展覧会やイベント、作品をご紹介。 甘いもの好き必見!ギフトにもオススメなチョコレートをご紹介 ポケットにチョコレートをしのばせ、時々口に頬張っては甘い余韻を楽しむ。幼い頃から大好きだったチョコレート。アメリカならMAST BROTHERSやSee's Candy、東京なら老舗のチェリーボンボンやショコラティエ・エリカ、パッケージを見るだけで心がときめく魅惑のアイテム。 沖縄の友人が2014年にオープンしたTIMELESS CHOCOLATEや富ヶ谷にあるMinimalなど、ここ日本でもカカオ豆からこだわり抜いた「ビーン・トゥー・バー」のチョコレート・ブランド、ショップが盛り上がっています。追求すればするほど奥深いチョコレートの世界ですが、今回は誰かにプレゼントしたくなる、スタイリッシュなチョコレート「foo CHOCOLATERS」をご紹介します。 クリエイティブな女性が作る唯一無二なチョコレート  私が主催しているTwee Grrrls ClubというDJチームがあるのですが、そのメンバーであるマリナさんは尾道に移住し、現在「foo CHOCOLATERS」のショップマネージャーとして日々チョコレートの製造、販売に携わっています。彼女は学生時代からコラージュを作ったり、DIY精神溢れる女の子で、私も一緒に活動をしながら沢山の刺激を受けました。そんな彼女がリーダーとなり、沢山のクリエイティブな女の子と作るチョコレートは他のチョコレートにはない魅力が沢山詰まっています。豪雨の影響で多くの打撃を受けながらも、気丈に頑張るマリナさんにお話を伺いました。 ©︎Masumi Ishida ウシオチョコラトルから派生して新たなブランドを作るきっかけはなんだったのでしょうか? 「広島空港の方から「ウシオの2号店を空港に作って欲しい」と言われたことがそもそものきっかけです。 ウシオチョコラトルはメンズ3人で立ち上がった小さなチョコレート工場で、空港という大きなところに工場を作るというのは現実味が無かったのですが、世界で見ても空港にインディペンデントなチョコレート工場ってほとんど無くて新しかったので、挑戦してみたら面白いんじゃないかって考えるようになって、少しづつ具体的にに動いていきました。わたしはその頃ウシオにはお手伝い程度で出入りしていたのですが、代表の中村からある日「新しいお店の代表をお願いしたい。」と単刀直入に言われて、「そんな大規模な事業をできるのかな?」と不安に思いながらも、その不安より「コンセプト作りから考えたお店を作ってみたい」という思いと、あまりにも未知な可能性に対して面白さとやる気が湧いて、代表としての仕事を引き受けることに決め、foo CHOCOLATERSが誕生しました。」 ©︎Masumi Ishida チョコレートを製造していて、一番大変な工程、一番楽しい工程はなんですか? 「チョコレートの工程はいくつかあり、それぞれの工程が大変でありながらも楽しいと思っています。 カカオ豆は農作物なのでカカオ豆の産地や農園はもちろん、季節や温度などによっても状態が変わってきます。そういった変化に合わせて各工程で調整を行う必要があるので、データの収集を行いながら日々改善しています。 例えば、焙煎時間を調整したり、メランジャーというカカオニブをすり潰す機械にかける時間や速度を調整したりなどです。すべて機械任せで自動にできるものではなくて、人の手も加わってチョコレートは出来上がります。基本的にはみんなそれぞれの持ち場で作業しているのですが、最終的には色々な思いが込められた「チョコレート」として一つの形になって、それが食べた人の口のなかに溶けていくという感覚がとてもロマンチックだなと思っています。」 パッケージのデザインはどこかアブストラクトなイメージですが、ウシオチョコラトルのポップなイメージと変えたのはどうしてでしょうか? 「foo CHOCOLATERSは一つのブランドとしてウシオとは違った新しいコンセプトで生まれたので、同じ六角形なのですが、また違った印象だと思います。コンセプトやイメージまで一から作り上げることを任されていたので、わたしの思う世界観を詰め込みました。元々わたし個人で、女性・クィア・トランス・ノンバイナリーのためのGRRRDENというプロジェクトやKiss Your Grrrdenというセルフラブをテーマにしたランジェリープロジェクトを行っていたのですが、foo CHOCOLATERSにもそれらの要素を散りばめています。パッケージには写真家の石田真澄さんの写真を使用しています。尾道の風景やファクトリーの様子を撮影してもらいました。 手にとってくださった方が開けたときに、お花が開いたような形になるところもポイントです。ファクトリーで作られたチョコレートたちが、誰かの手に渡ったときに花開きますように、という気持ちを込めました。 カシューナッツミルクチョコレート〈PAN〉とホワイトチョコレート〈NEU〉が私たちのメイン商品なのですが、この二つには特別な名前とをつけています。〈PAN〉は、誰でも美味しく食べることができる、ポピュラーな存在になってほしいとの願いを込め、 「全」や「汎」といった意味をもつこの名前に〈NEU〉は、一般的なチョコレートとは異なり、カカオから抽出したバター分のみを原料としているため、チョコレートのようであってそうでない、どこにも属さないような新しさがあります。 「 N E W 」 に 通 じ る 語 感 や 、「中間」 を 表 す 「 N E U T R A L 」の意味を込めて名づけました。」 スタッフの皆さんの制服がとにかく素敵なのですが、この制服になった経緯を教えてください。 ©︎Masumi Ishida ©︎Masumi Ishida 「私たちの制服は、沖縄で草木染めで衣服を制作している「kitta」さんの服を採用しています。 チョコレート=クラフト感ではないイメージがいいなと思っていたのですが、ウシオチョコラトルの代表の中村が「わたしに似合う制服にしよう!」と行ってすぐにkittaさんに結びつき、kittaさんの展示に行ってその場でどんな形のものがいいか一緒に選んで決めました。 その時はまだ、私たちのファクトリーは出来ていなかったのですが、お店のイメージやブランドのコンセプトをお伝えして、kittaさんに今の藍色を選んでもらいました。藍色の星たちが踊りながらチョコレートを作っているようなイメージで、それってすごく素敵だなと思って。 kittaさんの服は、着ていてとても心地よいです。私たちのファクトリーはガラス越しにすべての工程をご覧いただけるので、藍色の服を纏った女性たちが作業している様子は、工場という言葉以上にどこか幻想的でニュートラルな空間が生まれていると思います。」 マリナさんが思う、ヴィーガンチョコレートの魅力を教えてください。 「空港という様々な宗教や価値観、そしてライフスタイルを持つ人が行き交う場所で、一人でも多くの人に食べてもらいたいという気持ちでヴィーガンのチョコレートを作っています。ヴィーガンの人に食べていただくけることはもちろん、イスラム教の人にも食べていただきたくて、ハラールの認証を取ろうとも思っていたのですが、色々調べていくうちに必ずしも認証を取ればいいものではないという考えになりました。一人一人のスタッフが様々な宗教やライフスタイルを知り、対応していくことが大切だなと思っています。今は女の子9人でファクトリーを運営しているのですが、それぞれが働き方やライフスタイルなどを提案していけるようなファクトリーを目指しています。チョコレートは世界共通のお菓子でみんなに愛されている存在です。美味しさだけでなく、様々なライフスタイルなどを分かち合う瞬間を届けることのできるチョコレートに可能性と魅力を感じてます。」 ただ美味しいだけじゃない、そんな特別なチョコレート。広島空港だけではなく、日本各地でのお取り扱いを少しづつ増えており、イベントへの出店も予定されているので、多くの人にその魅力が伝われば私もとても嬉しいです。 foo CHOCOLATERSサイトはこちら! http://foochocolaters.com/
PeLuLu
横浜ベイホテル東急の週末限定ナイトブッフェ♩新年のスタートは「チョコレート」がテーマ!
横浜ベイホテル東急の大人気デザートブッフェ「スィートジャーニー」、1月分の予約受付が11月1日(木)10時にスタート! 2019年の第1弾は、“チョコレート”をテーマに、こだわりのカカオが使われたチョコレートづくしが楽しめちゃうそうですよ♡ 週末限定!人気のナイトブッフェ 横浜ベイホテル東急2Fのラウンジ「ソマーハウス」で開催される「スィートジャーニー」は、毎週木・金曜日限定のナイ
isuta
横浜ベイホテル東急の“チョコレート”デザートブッフェ、ケーキやパフェなどこだわりのスイーツ勢揃い
横浜ベイホテル東急の2階ラウンジ「ソマーハウス」にて“チョコレート”をテーマにしたデザートブッフェ「スィートジャーニー」が登場。2019年1月3日(木)から31日(木)の期間の毎週木・金曜日での提供を予定しており、2018年11月1日(木)より予約を受け付ける。 www.fashion-press.net 「ソマーハウス」の人気ナイトタイム・デザートブッフェ「スィートジャーニー」。“チョコレート”をテーマにした今回は、エクアドルやガーナ産のカカオ豆を使用したこだわりのチョコレートを使用した様々なスイーツが勢揃い。 メニューには、甘酸っぱいイチゴと組み合わせた「チョコレートショートケーキ」や、ふわふわ食感の「チョコレートシフォンケーキ」などを用意。また、ゲストの目の前でスイーツを作り上げる“アクション コーナー”には、色々な食感や風味を楽しめる「チョコレート パフェ」が登場する。  なお、「スィートジャーニー」は予約時点で期間中に用意された席数が完売してしまうことも多いので早めの予約がおすすめ。是非この機会に、横浜ベイホテル東急で大観覧車のイルミネーションを眺めながら、大人のデザートタイムを堪能してみて。 【詳細】 横浜ベイホテル東急「スィートジャーニー」 予約受付:2018年11月1日(木)10:00~ 開催日:2019年1月3日(木)~31日(木) 毎週木・金曜日 開催時間:19:30~22:00L.O. 会場:横浜ベイホテル東急2階ラウンジ「ソマーハウス」 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 料金:大人 4,200円、小学生 2,800円、4歳以上の未就学児 1,500円 ※料金は税、サービス料およびスパークリングワイン、赤・白ワインのフリーフローを含む。 【予約・問い合わせ先】 ソマーハウス TEL:045-682-2219
ファッションプレス
ジャムホームメイド×伝統工芸の老舗「印傳屋」“将棋のバン”を再現したチェック柄財布など
ジャムホームメイド(JAM HOME MADE)と、山梨・印伝の老舗「印傳屋」がコラボレーションした革小物シリーズから、新作が登場。2018年10月27日(土)から発売される。 www.fashion-press.net 鹿革に漆(うるし)で模様を描く山梨の伝統技法“印伝”を、400年以上にも渡って継承してきた「印傳屋」。ジャムホームメイドでは、そんな「印傳屋」としばしば商品開発を行い、シーズン毎にそのバリエーションを増やしてきた。 今回のコラボレーションでは、「印傳屋」のウォレットをベースに、ジャムホームメイドのウォレットの定番“ハトメ”を融合させた、人気シリーズの新作が登場。“将棋のバン”をイメージしたジャムホームメイドのオリジナルギンガムチェックと、レザー全体にパンチングをあしらったかのように見える“パンチング柄”の全2種類のユニセックスデザインを用意する。 展開されるのは、日本の伝統を感じさせる“がま口”を採用したミディアムウォレットや、“束入れ”をベースにしたデザインで、抜群の収納性を誇るロングウォレット、手の中に納まるコンパクトサイズで、小銭入れにも最適なアクセサリーケースの全3型。使い込むほどに馴染む鹿革素材で、その経年変化を楽しむことができる。 なおアイレットの裏側に輝くブラックダイヤモンドは、好みで誕生石に交換することも可能。オリジナリティを加えて、より一層愛着の湧くウォレットに仕上げてみてはいかが。 【詳細】 ジャムホームメイド×印傳屋の新作レザーグッズ 発売日:2018年10月27日(土) 取扱店舗:ジャムホームメイド東京店(TEL:03-3478-7113)、ジャムホームメイドオンラインショップ、ジャムホームメイドZOZOTOWNショップ アイテム: ・×印傳屋 GAMASATSU(ミディアムウォレット) 25,000円 ・× 印傳屋 TABAIRE(ロングウォレット) 38,000円 ・× 印傳屋 ACCESSORY CASE(アクセサリーケース) 9,000円
ファッションプレス
老舗からパリ発まで!いま話題の「パン」手土産3選【港区エリア】
ママ友との集まりや、ちょっとした差し入れに、おいしいと話題の“パン”はいかがでしょうか。 気軽に楽しめ楽しめたり、小腹を満たすのにちょうどいいものを選ぶと、喜んでもらえるはず。 そこで今回は、港区エリアで買える話題の“パ […]
GATTA
京都・宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」から秋限定の紅葉パフェ、もみじのゼリーを添えて
京都・宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」は、紅葉パフェを2018年10月22日(月)より期間限定で、「伊藤久右衛門」宇治本店・JR宇治駅前店にて発売する。 www.fashion-press.net 「伊藤久右衛門」は、最大120分待ちを記録するほど地元民・観光客に愛される人気店。紅葉が楽しめる秋の季節限定で登場するのは、紅葉型のゼリーを添えた華やかな見た目の「紅葉パフェ」だ。 ベースは、「伊藤久右衛門」自慢の抹茶パフェ。抹茶の深みのある香りが感じられるスイーツに、鳴門金時いもや栗の甘露煮など秋の味覚を詰め込んだ。トップには、黄色からオレンジに変わりかけの紅葉型のゼリーを添えて。好みで別添の抹茶をかけて、味わうこともできる。 さらに、宇治抹茶・アイスカプチーノ・ホットカプチーノの3種類から好みのものをチョイスできる、ドリンクセット「紅葉茶会(もみじちゃかい)」も登場。葉の色づくさまを写しとった紅葉コースターも付属するので、宇治を訪れた記念にオーダーするのもオススメだ。 【詳細】 伊藤久右衛門「紅葉パフェ」 販売期間:2018年10月22日(月)~紅葉が散る頃まで 価格:単品 1,180円(税込)、紅葉茶会 1,680円(税込) 取り扱い店舗: 伊藤久右衛門 宇治本店 住所:京都府宇治市莵道荒槙19-3 伊藤久右衛門 JR宇治駅前店 住所:京都府宇治市宇治宇文字16−1
ファッションプレス
美腸や食べ痩せに!納豆を使った簡単アレンジレシピ5選
冷蔵庫に常備していたい食材のひとつ「納豆」。日本人になじみのある発酵食品でお値段もお手頃なのが嬉しいですよね。でも毎日食べると飽きてしまうもの。 今回はそんな納豆のアレンジレシピをインナービューティー料理研究家の筆者がご […]
ごきげん手帖
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理