1. トップ
  2. ヘア
  3. 湿気に負けない! 梅雨時期の巻き髪キープ術

湿気に負けない! 梅雨時期の巻き髪キープ術

  • 2018.6.9
  • 15559 views

梅雨の季節…、“汗や湿気でぺたんこになるのがいや!““とにかくうねる”“ベタつく…”。そんなみなさんの悩みも「自称・扱いにくい髪」神崎 恵さんのヘアを担当する人気スタイリスト、津村佳奈さんの手にかかれば、あっという間に解決! 今回は、湿気にも負けない髪の巻き方を教えてもらいました!

【お悩み】湿気のせい?巻いてもすぐにダレちゃって…

↓↓↓これで解決↓↓↓

平MIXで巻いてダレを防止!
「毛先全部を平巻きにしておくと、中間のMIX巻きがダレてしまっても毛先のカールが残るので安心。毛先は頭皮の蒸れを受けにくいので、中間に比べてもちがいいです」(津村さん)

 

(1)まずスプレーをつける

表面の髪を持ち上げ、内側に固まらないスプレーを吹きつける。ムラにならないようにスプレーを動かしながら、髪を巻く中間~毛先に薄くつけて。

 

(2)毛先は全部平巻き

全体で6ブロック程の毛束にし、毛先からワンカールの内巻きに。アイロンを挟んだ部分は熱がダイレクトに伝わり、いちばんくせが残りやすい。

 

(3)3つにブロッキング

巻きやすいように、毛束を分けて留めておく。頭全体が3分割になるよう、ハチ上、耳ラインで分け、適当にまとめてクリップで挟めばOK。

 

(4)後ろは前方に引き出して巻く

下から巻いていく。下段は左右ふたつに分け、毛束の中間にアイロンを挟んで縦巻きに。毛束を前に引き出してから巻くと、後ろでも巻きやすい。

 

(5)中段と上段は顔周りリバース

中段は顔周りはリバースにし、その後ろの毛束はフォワード、さらにその後ろはリバースに。逆サイドも同様に巻いた後、上段も同じように巻く。

 

MIX巻きの巻き終わり!

 

(6)冷風でほぐす

カールを手でほぐしながらドライヤーの冷風を当てて、髪を冷ます。この一手間で差が出るので、必ず!弱風を内側から当てることを意識して。

 

(7)シアバターをつける

シアバターを指先に少しとり、手のひらから指の間にまでしっかり広げる。髪の内側から手グシを通すようにつけ、オールバックでつけてから毛先に。

\このくらい!/

 

出来上がり!しっかりほぐしてこなれ感をアピール!おしゃれ度も上々

 

『美的』7月号掲載
撮影/布施鮎美(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/津村佳奈(Un ami) スタイリスト/城長さくら(kind) 構成/たんろ

元記事を読む