1. トップ
  2. レシピ
  3. オフィスに常備!肌を健やかにするヘルシーおやつ3つ

オフィスに常備!肌を健やかにするヘルシーおやつ3つ

  • 2018.6.9
  • 2146 views

梅雨らしいじめじめした日もあれば、真夏のような暑さも続くこの時期。お天気の良い日は特に紫外線が気になりますよね。
そこで今回はオフィスに常備しておきたい、紫外線ダメージに負けない美肌作りやアンチエイジングをサポートしてくれるヘルシーおやつを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

クコの実(ゴジベリー)

ここ数年のスーパーフードブームで、ヘルスコンシャスな人たちの間で知名度が上がった「クコの実」。「ゴジベリー」とも呼ばれるクコの実は、かの楊貴妃も愛した食材としても有名です。
ビタミンC、β-カロテン、ポリフェノール類など細胞老化を防ぐ抗酸化作用の高い栄養素や鉄分などがギュッと詰まったクコの実は、1日大さじ1杯を目安に食べるのがおススメ。

生菓用のドライタイプのものをお気に入りの瓶や保存袋に常備しておけば、そのままおいしく頂けます。
コンビニなどでヨーグルトを買ったら、クコの実をトッピングして食べても◎ミネラルウォーターに数粒加えて「デトックスウォーター」にして飲むのもおススメです。

なつめチップス

ドライにすることでクセなく食べやすくなる「なつめチップス」。最近、美容関心度の高い人達の間でじわじわと人気が高まっており、ナチュラルローソンやMUJIストアなどでも見かけるようになりました。クコの実同様、楊貴妃が愛していたんだとか。

豊富な食物繊維、カリウム、カルシウム、鉄分、葉酸、ビタミンB群など女性に嬉しい栄養がギュッと詰まっており、「なつめを一日三粒食べると若々しく至れる」と昔から言われるほど。
日々の紫外線対策や美肌作り、貧血予防などのために毎日食べたいおすすめ食材です。

ローストアーモンド・くるみ

ローストされたアーモンドやクルミはオフィスでも手軽に食べられるナッツ類の代表。ナッツ類には「アンチエイジングビタミン」と呼ばれるビタミンEが豊富に含まれています。

紫外線を浴び、お肌は「光老化」により肌細胞の老化が一気に進みます。細胞老化のもとになる活性酸素の働きを抑えて細胞老化を防ぐ働き(抗酸化力)が強いビタミンEを積極的に取り入れることで美肌作りやアンチエイジングを叶えましょう。
ビタミンEは、同じ抗酸化力が高いビタミンCやビタミンA(β-カロテン)をあわせて摂ることで抗酸化力が相乗効果で高まります。
先にご紹介したクコの実や、爽やかなレモンウォーター(ミネラルウォーターにレモン汁を入れるだけ)と一緒にオフィスで頂くのがおススメです。

いかがでしたか? どの食材もスーパーやネットで入手できるものばかり。これからの時期、保存の際には乾燥材をひとつ入れておくと安心です。
ヘルシーおやつをオフィスの引き出しに常備して、体の中からキレイを磨き、紫外線に負けない美しいお肌を作りましょう。
ライタープロフィール
インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子
「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)
【保有資格】
ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

元記事を読む