1. トップ
  2. レシピ
  3. これだけは欠かせない!ノロウイルスを予防するための毎日習慣3つ

これだけは欠かせない!ノロウイルスを予防するための毎日習慣3つ

  • 2015.2.1
  • 318 views

冬に流行するノロウイルスは感染力が高いことで注意を叫ばれています。今日はノロウイルスを予防するための習慣にしたい3つの行動についてお話ししたいと思います。

■ノロウィルスとは

ノロウイルスは主に冬場に流行する、急性胃腸炎を引き起こすウイルス。老若男女、幅広い年齢層で発症し、感染力が非常に強く、少量のウイルスでも感染・発症します。感染経路はウイスルが付着した食べ物や飲み物を、口から摂取してしまう経口感染が主だそう。10月頃から増え始め、12月〜1月にピークを迎えるので、まさに今気をつけなければいけないのです。

■毎日の習慣にすべきノロ予防対策3つ

(1)手洗いは2度洗い

ノロウイルス予防の基本は手洗い。ノロウイルスの直径は細菌の約30分の1と小さく、皮膚の角質層の中に入り込みやすいのが特徴です。親指や爪のまわり、シワの部分などはどうしても洗い残しが多くなりがち。意識して丁寧に手洗いしましょう。

「石鹸で10秒間もみ洗い→流水で15秒間洗い流す」を2セット繰り返すことで、ノロウイルスの残存率を約0.0001%まで減らすことができそうです。

(2)便座を除菌する

不特定多数が使用している公共のトイレなどにはノロウイルスの危険がいっぱい。便座は、手すりやドアノブよりもウイルスに汚染されている可能性が高いため、外出先のトイレを使用する際には、便座に座る前に除菌シートで拭くようにしましょう。

(3)生ものは避けて、90秒以上の加熱

ノロウイルスの感染を避けるためには、食品を中心部までしっかり加熱することが大切です。感染のリスクが高いとされている食べ物は、主に生牡蠣などの二枚貝類ですので、生で食べるのは控え、生食用であっても90秒以上の加熱を心がけましょう。

胃腸が荒れたり、きちんとした食事を摂れないと美容にも影響が。ノロウイルスを寄せ付けないためにも、予防習慣を身に付けたいものですね。

(前田紀至子)