1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 眼科医が教える!目を紫外線ダメージから守る方法3つ

眼科医が教える!目を紫外線ダメージから守る方法3つ

  • 2018.6.8
  • 2753 views

紫外線対策は、実は目にも必要なことを知っていますか? 強い紫外線が目に入ると、シミやそばかすの原因になることがあるのだそうです。
それだけでなく、充血や痛み、眼病リスクもあるのだとか。
そこで今回は中目黒眼科の院長である杉本由佳先生に、目の紫外線ケアについて教えていただきました。

目に紫外線を浴びると肌の日焼けにつながる!?

杉本先生によると、目に紫外線を浴びると、肌が日焼けしたかのようになり、シミやそばかすにつながることがあるのだそうです。
杉本先生:『目の日焼け』は『肌の日焼け』の一因になることが実験研究でわかっています。
目に強い紫外線が入ると、それを察知した脳は防御反応を示し、体内にシミ・そばかすの原因となるメラニン色素を作るように命令を出します。
メラニン色素といえば紫外線から皮膚を守るために分泌されるものですが、過剰に生成されてしまうとシミやそばかすの原因になることがあります。
また杉本先生によると、肌へのリスクだけでなく紫外線には充血やヒリヒリする痛みの原因になるほか、眼病リスクもあるそうです。

眼科医に聞く!目の紫外線ケア法3つ

目の紫外線対策は、美肌のためにも、目の健康のためにも欠かせないことだったとは驚きですね。

そこで杉本先生に、目の紫外線予防法を3つ教えていただきました!
UVカットサングラスをかける

杉本先生:紫外線に直接目をさらさないことが大前提です。UVカットサングラスを日常的にかけましょう。

フレームが大きめのもので隙間から紫外線が入りにくいものをおすすめします。
目薬で角膜ダメージをケアする
杉本先生:また紫外線による角膜ダメージに対して修復する機能のある目薬でケアすることも重要です。

活性型ビタミンB2、コンドロイチンなどの成分が含まれている目薬をさし、目を守りましょう。
ブロッコリー、かぼちゃ、小松菜などに多い「ルテイン」を摂取する
杉本先生:サングラスなどでUVカットをしながら、目の紫外線予防に効果があるといわれる『ルテイン』を摂るとよいでしょう。

ブロッコリー、かぼちゃ、小松菜など色の濃い野菜に含まれています。サプリメントで補うことも可能です。

PCやスマホのブルーライトにも注意!

普段、パソコンやスマートフォンを長時間使用するという方は、パソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライトにも注意が必要だといいます。
杉本先生:ブルーライトも紫外線と同じく強い光です。ブルーライトは睡眠と覚醒の24時間のリズムであるサーカディアンリズムに大きな影響を与えます。そしてブルーライトを見ることで、目の疲れや頭痛、不眠など、生体リズムや生理的調整機能、痛みの発生にも影響を与えます。

特に睡眠ホルモンといわれるメラトニンが出る夕方から夜にかけてブルーライトをたくさん浴びると、睡眠障害の原因となってしまいます。
ブルーライト対策としては、寝る前にブルーライトを見るのを避ける、パソコン使用時はブルーライトカットメガネをかける、適度に目を休めることなどを心がけましょう。

意外と盲点になりがちな目からの日焼け。またブルーライトによる悪影響も、健康的な毎日を送るためには忘れたくないものです。普段の肌への対策とともに、目への対策も実践しましょう!
【取材協力】

杉本由佳先生

1957年9月1日中目黒生まれ。1982年埼玉医大卒業。埼玉医大4年在籍の後、子育てをしながら勤務医の後、1999年医療法人社団映光会中目黒眼科を開設。
2015年6月に生まれた地に、父のビルを建て直し、オペ室を完備。最新の機器を揃え、地域医療のため、年中無休の眼科を続けている。

医師にとっては大勢の患者さんであっても、患者さんにとっては1人の医師である。をモットーに24時間院長が対応している。

(LBR編集部)

元記事を読む