1. トップ
  2. お仕事
  3. 「コンバージョン」ってどんな意味? 知らないとビジネスマン失格!?【ビジネスデジタル用語豆知識】

「コンバージョン」ってどんな意味? 知らないとビジネスマン失格!?【ビジネスデジタル用語豆知識】

  • 2018.6.6
  • 3854 views

よく耳にする「コンバージョン」を正しく理解しよう

職場で「あの書類は、コンバージョンしないとダメだから、今日中に処理して送っておいて」と指示を受けたら、どんな処理を示しているか、正しくわかる?

コンバージョン」は、近年ビジネスシーンでよく耳にすることばだけに、正しい意味を知らないと現代のビジネスマン失格!?

【問題】ビジネスシーンで耳にする「コンバージョン」というデジタル用語はどんな意味?

1.プログラムやデータを最初から作り直すこと

2.プログラムやデータを別の形式に変換すること

正解は?

(c)Shutterstock.com

(c)Shutterstock.com

2.プログラムやデータを別の形式に変換すること

「コンバージョン」ということばには「変換」「転換」などの意味があり、デジタル用語としては「プログラムやデータの形式を変えること」を指します。

また、デジタル用語としてもうひとつ、サイトに求められる最終的な「成果」を指す意味もあります。

コンバージョン(conversion)

1変換。転換。変化。

2改造。改装。改変。

3コンピューターで、異なる機種間でも使用できるように、プログラムやデータの形式を変えること。

4⇒コンバージョンゴール

5ECサイトや企業ウェブサイトなどで求められる最終的な成果。具体的には、閲覧者による商品購入・会員登録・資料請求など、収益に結びつく行動を指す。→コンバージョンレート

(デジタル大辞泉より)

元記事を読む