1. トップ
  2. メイク
  3. 肌なじみがカギに!職場でもプライベートでも使える口紅の選び方

肌なじみがカギに!職場でもプライベートでも使える口紅の選び方

  • 2018.6.4
  • 4468 views

シンプルメイクが鉄則な職場では、落ち着いた無難な色のリップを選びがち。職場用として割り切るのもいいですが、どうせならプライベートでも使えるコスメを選びたくありませんか?

今回は、アフター5とオフィスの両方で活躍する口紅の色の選び方をお伝えします。

肌なじみのいい色ってどんな色?

オフィスメイクのポイントは、上品さと清潔感。鮮やかな色やラメが目立つリップは華美な印象を与えてしまうため、落ち着きのある肌なじみのいい色を選びましょう。

肌になじみやすい色はその人の肌色によって異なるため、自分の肌色にあわせてチョイスしてください。
イエローベースの人はサーモンピンク、コーラルピンク
黄色みの強いオークル系の肌の方は、イエローベースに分類されます。肌の黄みにあわせてリップも黄みがかかった色を選ぶとなじみやすくなるでしょう。

サーモンピンクやコーラルピンクなどは、オフィスメイクにもぴったりです。画像のリップは色味を分かりやすくするために濃い発色のものを使用しているので、オフィスではもう少し柔らかい色味のものをおすすめします。
ブルーベースの人はピンクベージュ、ローズベージュ
青みがかったピンク系の肌の方は、ブルーベースに分類されます。こちらも肌の青みにあわせて青みがかったカラーがなじみやすいでしょう。

職場に使うなら、ピンクベージュやローズベージュ。落ち着いたトーンのピンクやローズカラーを選んでください。

肌がいきいきと見える色を選ぶ

「仕事用は地味な色ならOK」と思われやすいですが、一概にそうとはいえません。肌から浮いて見える色を使うと、不健康な印象を与えたり、派手に見えてしまったりします。
例えば、先ほどのイエローベースとブルーベースに似合うカラーで比べてみましょう。

筆者はイエローベースのため、サーモンピンクやコーラルピンクをつけると肌がいきいきと健康的に見えます。ツヤっぽくも見えるので、若々しさもアップしますよ。
反対に、ピンクベージュやローズベージュをつけた方は、肌がくすんで見えてしまいます。ツヤのないカサついた印象になり、老けて見られることも。
しかし、同じ色をブルーベースの方がつけると明るく元気な印象になるでしょう。

ほんのりツヤが出るシアータイプを

オフィスでは清潔感が重要です。唇の素の色が見えなくなるマットなリップは重たい雰囲気になりやすいので、透け感のあるシアータイプで軽やかさを出しましょう。
ほんのりとツヤが出るものを選ぶと、ほどよく華やかになりますよ。

肌に合った落ち着きのある色はつけるだけで美人度を高めてくれるので、オフィスでもプライベートでもどんどん活用したいところです。
アフター5で華やかにしたいときは、グロスやオイルルージュを重ねれば雰囲気や発色の変化を楽しめますよ。自分にあった色を探してみてくださいね。
※価格は全て編集部調べ
ライタープロフィール
美容ライター・古賀令奈
ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。
【保有資格】
日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ