渡部豪太、古民家カフェの人々との出会いは「僕にとっての宝です」

undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/147669/

古民家カフェブロガー・真田ハル(渡部豪太)が全国各地の“古民家カフェ”を巡る「ふるカフェ系 ハルさんの休日」(毎週水曜夜11:00-11:30、NHK Eテレ)。

行く先々で地元の人たちと触れ合い、古民家ならではの趣ある味わいを心の声を交えながら楽しむ渡部の演技が、SNSなどで話題となっている。

そんな渡部に自身の役柄や古民家に対する思い、独特な収録スタイルなどを聞いた。

■ 古民家に対する思いは真田ハルも渡部豪太も同じ

――真田ハルは、どのような人物だと思われますか?

基本的に、真田ハルは“ダメ男”で間抜けなキャラなんです。一人暮らしで、彼女もいなくて。でもなぜかおしゃれで、ファッションや古民家カフェに関することにはお金を使っています。

さらに言うと、渡部豪太はもっと間抜けです(笑)。でも、古民家に対する思いは、僕もハルも変わらないと思います。

――渡部さんの提案やアドリブで、ナレーションのせりふが変わることもあるそうですね。それは、シリーズを重ねてきたスタッフさんとの信頼感があるからでしょうか?

それもあると思います。スタッフの皆さんがハルの心情を理解してくださっているので、何をしても意外と採用してくださるんです。

だから、収録現場の雰囲気などによって、せりふを変えています。やってみて駄目だったら、却下されることもありますが(笑)。

■ せりふは相手の空気感によっても変わる

――カフェの店主や常連客など、一般の方たちと演技する中で、台本のせりふが変わることもありますか?

ありますね。以前、撮影で一緒になった若い料理人の方に「私、こういう演技はできませんから、気持ちで(せりふを)言いますよ」と言われ、せりふが変更になりました。

そのときは、若いのにすごい大御所だなと思いましたよ(笑)。でも、その方は台本と言い方が違っても、伝えたいことの本筋を言ってくださいました。

そのときはもちろん、その方の演技を受ける僕のせりふも変わりましたし。相手の方との空気感によって、せりふが変わっていくことが多いですね。あとは、時々ものすごく緊張して演技している方がいるのも良くて。

(5月30日[水]放送の)茅野のカフェのオーナーさんの話し方も面白かったです(笑)。ああいう方がいることが、番組の味になっていると思いますね。

結局、お芝居で大切なことは互いの心が通じ合うことなんだなと感じます。私が俳優で、向こうが一般の方であろうが、お芝居においてはそういうことは関係がないと思っています

――いろんな古民家カフェを巡られてきたと思いますが、建物の中で、特に目がいくのはどの部分ですか?

木材でできている部分ですね。木の色や味わいが好きなので、日常生活でもよく目がいきます。

木って呼吸しているんですよ。例えば100年以上前の建築でも、その中にある木は見た目には分からなくても、冬だったら少し縮んでいるし、夏だったら少し膨張しています。

そうやって、ずっと呼吸し続けているんです。そういう木の性質を本当に理解した大工さんたちの熟練した技が、木の表面には見える気がするんです。

専門的なことは分からないですけど、そういう大工さんの仕事を想像するだけで、ドキドキします。

――いつか古民家に住んでみたいと思いますか?

はい! 家の近所に、いい古民家があるので、ちょっとチェックしたりしています(笑)。

――ご自身の中で、古民家を残していきたいという思いがあるんでしょうか?

そうですね。歴史ある建物やお店の中には、もうなくなってしまったものもたくさんあると思うんです。

それってすごく寂しいし、もったいないことなので、なくなってしまう前に、なんとかしたいという思いがあります。だから、この番組を見て、ちょっとでも気になるお店があったら、行ってみてほしいです。そうすることで、歴史が続いていくこともあると思いますね。

■ 人とのつながりが宝です

――番組で紹介したカフェを再訪することもあるそうですね。

先日、以前に行った(神奈川の)箱根のカフェに、私の奥さんと友達を連れて行ったんですが、そのカフェでは足湯に漬かりながらおいしいコーヒーが飲めるんですよ! それって、すごくいい場所じゃないですか?

自分が仕事で携わったカフェが素晴らしい場所だということをみんなに自慢したいんです。だから、みんなを連れて行きました。

この番組で関わったカフェは、「また訪れたい」と思うお店ばかりなんですよ。そこに行って、店主の方々とお話することも楽しいですし。日本全国に再会できる人がいるのは、宝ですね。

そういう、人とのつながりが僕にとっての宝です。

――撮影で出会った方々とのつながりを大切にされているんですね。

カフェのオーナーさんや常連の方々に、お店や土地にまつわる思い出話などを聞かせてもらえると心が震えます。

さまざまなオーナーさんに出会ってきましたが、皆さんにはいろんな巡り合わせがあって、そのお店をやっているんですよね。

オーナーさんたちがその古民家にたどり着くまでには、いろんな人々がつないでくれた縁もあったと思います。

そうやって開いたお店って、オーナーさんたちにとっても町にとっても宝物だと思うんです。

だから、その土地や建物の歴史を話してもらっている時間って、宝物を見せてもらっているような感覚になって、うれしくなるんです。そういう感動が、ハルを演じる上でも生きているなと思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理