1. トップ
  2. メイク
  3. 「家政夫のミタゾノ」で紹介された“口紅の落とし方”が実用的と話題に

「家政夫のミタゾノ」で紹介された“口紅の落とし方”が実用的と話題に

  • 2018.5.22
  • 2171 views

「帰宅した夫のYシャツに口紅が!」といったシュチュエーションは、ひと昔前のドラマなどではありがち。しかし現実でも化粧中の女性が口紅で衣類を汚してしまうことがあり、水洗いでは中々落ちずに困り果てることも。そこで今回は、とある人気ドラマで紹介されていた口紅の落とし方を紹介していきましょう。

ミタゾノさんが口紅の落とし方を披露!

4月20日より放送されている、「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)シーズン2。同ドラマはシーズン1から女装姿の松岡昌宏さんやコミカルなストーリーで話題になり、深夜ドラマとしては異例の人気を博しています。

そんな「家政夫のミタゾノ」で密かに楽しみにされているのが、唐突に挿入される“家事パート”。ドラマ内では松岡さん演じるスゴ腕家政夫・三田園薫が様々な家事テクニックを紹介してくれるのですが、「毎回ものすごい為になってる!」と話題に。4月27日に放送されたシーズン2の第2話では、“口紅の落とし方”が紹介されました。

今回の放送で、剛力彩芽さん演じる麻琴と三田園は“矢吹家”に派遣されます。ところが2人は家について早々、家主の矢吹研一(近藤公園さん)が女性を連れ込んでいる現場に遭遇。麻琴は「もしかして不倫!?」「最低」と嫌悪感を露わにしますが、矢吹はお酒の飲みすぎで「覚えていない」と主張。さらに「このことは妻には黙っといてくれ!」と頼み込むも、麻琴は「いくら黙ってても、この部屋にはどうせいくつもの痕跡が残ってますから!」と納得がいかないようです。

そこで三田園は浮気の痕跡となる布にこびりついた“口紅”を落とすことになり、“家事パート”に移行。通常の洗濯では中々落ちない口紅の落とし方が紹介されました。やり方は簡単で、まずクレンジングオイルを汚れに直接つけ、叩くようにして歯ブラシで擦ります。その後、台所用洗剤をかけてクレンジングオイルの油分をもみ洗いで落とせば口紅の跡が綺麗に。浮気の証拠隠滅だけでなく、ちょっとしたお化粧トラブルでも使えそうな家事テクですね。

口紅の落とし方は他にも!

三田園が紹介していた口紅の落とし方に、視聴者からは「相変わらず為になる家事テク… ミタゾノさんありがとう!」「浮気男にはもってこいの裏技じゃないか!」「口紅じゃなくてファンデーションが服についちゃった時に試してみたけど、すごい綺麗になった!」といった声が上がっていました。

ちなみに口紅の落とし方は、三田園が紹介した方法以外にも様々なものがある模様。数多くの洗濯機を作っている「Panasonic」の公式サイトでも紹介されており、こちらの方法ではベンジンを使います。まず専用のタオルかブラシにベンジンを含ませ、口紅がついた部分をたたき油分を移しとりましょう。ベンジンが蒸発したら約10倍に薄めた中性洗剤をブラシにつけてたたき、仕上げに水でつまみ洗いをしたら完了です。

口紅のような油で溶ける汚れの落とし方は、知っておくといざという時に重宝するかもしれません。(レタスクラブニュース)