安田顕、吉高由里子主演「正義のセ」最新話で魅力爆発の予感!ファンは『相原回キター!!』と歓喜

undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/147614/

5月23日(水)に吉高由里子が主演を務めるドラマ「正義のセ」(夜10:00-11:00日本テレビ系)の第7話が放送される。

保育園の遊具で園児が大けがを負った出来事をめぐる第7話。主人公・凜々子(吉高)をサポートする検察事務官・相原(安田顕)が取り調べ中に目に涙を浮かべる姿が予告映像で流れたことに期待が集まっている。

■ 第7話のあらすじ

ある保育園で、保育士が目を離したすきに園児が大けがを負った。園庭の遊具から落下した事故と思われたが、園児の父・小峰雄一(近藤公園)は園側の説明に納得がいかず、被害届を提出。

凜々子がこの事件を担当することになり、バツイチ子持ちの相原は、「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」といつになく熱くなる。

けがをした園児・宏尚(佐藤令旺)は回復したが、事故当時の事を話そうとせず、小峰の「普段から小さなけがが多かった」という証言から、虐待の可能性も浮上。

「もし虐待があったとしたら許せません」と相原は、ますますこの案件にのめり込む。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され、竹村家の明るい家族団らんの雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語る。

■ 安田顕演じる相原が熱くなる姿は必見!

いつもは熱くなる凜々子を冷静にたしなめる相原が、今回は並々ならぬ思いでヒートアップする。

また、序盤はちぐはぐだった凜々子とのコンビも歯車がかみ合い始め、第7話では凜々子の実家で父・浩市(生瀬)や妹・温子(広瀬アリス)と談笑するという貴重なシーンも。さらには、別居中の相原の娘との新展開が描かれる。

ファンからは「なぜ涙!?」「子供を抱き締める相原の表情がたまらない!」「竹村家に相原さんがいる(笑)」「相原回キター!!」と放送を待ちきれない声が続出。

終盤へ向かって行く本作において、重要な1話となりそうな第7話。安田の魅力が爆発する演技に視聴者の心はグッとつかまれそうな予感だ。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。