1. トップ
  2. 恋愛
  3. メーガン・マークルの父、結婚式への出席叶わず。

メーガン・マークルの父、結婚式への出席叶わず。

  • 2018.5.16
  • 401 views

今週末に行われるハリー王子とメーガン・マークルのロイヤル・ウェディングを目前に、写真捏造の渦中にいるメーガンの父トーマス・マークル氏が、心臓発作を理由に結婚式への参加を取りやめると報じられた。

王室サイドは「The Guardian」紙を通じて、「結婚を目前に控えたメーガンさんは、現在、極めて個人的な時間を過ごしています。彼女とハリー王子はこの困難な状況において、トーマス氏に対しても理解と敬意を抱くことを、国民の皆さんに求めています」と声明を発表。

一方のメキシコ在住のトーマス氏だが、一旦は娘たちに迷惑をかけられないと出席を見送ろうとしたものの、ここに来て「歴史の一部になりたい」とセレモニーへの参加に前向きな発言もポロリ。とはいえ、1週間前に起こった心臓発作の症状について、担当医は「深刻なダメージ」と警告しており、実際16日の朝に手術を受けることが決まったようだ。閉塞の除去以外に、ステントの挿入の可能性もあることから、19日の挙式に間に合わないのは確実だろう。

異母姉や異母兄のお騒がせ発言だけでなく、実父のスキャンダルや体調不良に、メーガンは少なからず心を痛めているだろうが、せっかくの晴れ舞台。とびきりの笑顔で臨んでくれるものと願いたい。

ちなみにバージンロードは、トーマス氏によるエスコートが予定されていたが、母親であるドリア・ラグランドさんが代わって引き受けると見られている。

元記事を読む