1. トップ
  2. メイク
  3. 女子会?デート?フェス?シチュエーション別のベストなメイクを見つけよう

女子会?デート?フェス?シチュエーション別のベストなメイクを見つけよう

  • 2018.5.14
  • 2681 views

毎日当たり前のようにしているメイク、ちゃんとシチュエーションに応じて使い分けられていますか?女子会やデート、フェスなどスケジュールが忙しい女子だからこそ、それぞれにベストなメイクを見つけなくてはなりません。メイクを制する者はすべてを制するといっても良いかも?!

メイクを使い分けるとは?

女子にとって、楽しいことはたくさんありますよね。友達とガールズトークを繰り広げられる女子会や、大好きな彼とのデート、これからの季節は野外の音楽フェスに行ったりとスケジュールは盛りだくさん。そんな風にプライベートを充実させることはとても良い刺激を受け、自分磨きにもつながります。

そこでさらなる女子力アップを目指すなら、シチュエーションによってメイクを変えるテクニックを身に付けましょう。それぞれにベストなメイクってきっとあるはず。どんなメイクが適しているのかをチェックしていきましょう。

女子会

トレンドをいち早くキャッチしたメイク

女子同士が集まる女子会は、とにかくトークが止まらない!近況報告や恋バナ、ちょっぴり愚痴も交えながらマシンガントークが炸裂しますよね。

そんな時に必ず話題に上がるのが、最新コスメについて。今流行っているコスメやメイクテクニック、美容法など女子ならではのネタが登場します。そんな話題に率先して入れるように、トレンドのメイクをしておくことがベスト。

新作で発売されたばかりのコスメや、SNSで人気のあるコスメを使ってメイクをするのです。女子は他の人のメイクや使っているコスメが気になるもの。「そのリップ何使っているの?」と聞かれた時にさっと出せるように、ポーチに忍ばせておくことも忘れずにしておきましょうね。

女子同士なら個性を出しても◎

女子会は、いつもよりもワンランク上のオシャレを意識することが鉄則。そのため個性を出せるメイクに挑戦してみても良いのです。モード感のある赤リップやマットメイク、パープルやブラックなどの少々インパクトのあるリップを付けてもOK。珍しいものや個性の光るメイクをしている女友達って、女子会の中でも一際存在感がありますよね。

ただあまり個性を貫きすぎると敬遠されてしまうので、オシャレな範囲内で個性をアピールしちゃいましょう。

デート

モテメイクには、血色感でほんのり色っぽさを

デートにおいてのベストなメイクは、ズバリ血色感を出すこと。ほんのりと頬がピンク色に染まっているようなナチュラルな血色感は、女性らしいかわいらしさをアピールできるので、ぜひモテメイクとして取り入れておきたいポイントです。

でも年々肌はくすんでいき、血色感もなくなってきていると感じている方も少なくないはず。そこで使いたいアイテムは、コントロールカラーとクリームタイプのチーク。

まず肌のトーンを整えるためにコントロールカラーを使いましょう。人それぞれ肌の色は違います。イエベ、ブルベなどと呼ばれるように、肌の色に適したコントロールカラーを選んでください。もし自分がどれなのかわからないと迷ってしまう方は、日本人の肌色に馴染みやすいイエローか肌のトーンを明るく見せてくれるピンクのコントロールカラーがオススメ。この下地作りをするだけで、メイクの仕上がりが劇的に変わってくるはずです。

そして血色感を出すために忘れてはいけないのがチーク。このチークはパウダータイプよりもクリームタイプの方が、肌への密着度が増してほんのり色っぽさを出すことができますよ。思わず触れてみたくなるような、そんな頬を作りましょう。

ツヤと輝きをまとって

デートの時は、夜にレストランやバーなどでお食事をする機会が多いですよね。ムードのある大人っぽい雰囲気のお店なら照明は暗くしてあって、ついドキドキしてしまうような空間になっていると思います。そんな時のメイクはどんな風に仕上げるのが良いのでしょうか?

お店の雰囲気にマッチさせるためにも、メイクもちょっぴり背伸びをしてみると素敵です。薄暗い店内でもパッと存在感を放てるような、ツヤや輝きをまとったメイクにしてみましょう。アイシャドウは普段使っているラメよりももう少し大粒のラメをのせてみたり、リップはグロスを使って輝きのあるぷるんとした唇を目指して。肌にも部分的にハイライトを用いて、さりげないツヤ感をメイクで演出しましょう。

いつもの自分とはまた違った一面を、メイクの力で見せつけることができたら良いですよね。

フェス

日焼け対策&崩れにくさを重視

これからの季節、あちこちで催されるフェスに参加する方もいるのではないでしょうか。音楽やグルメを楽しんだり、最近ではランイベントなんかもありますよね。そんなワイワイ盛り上がるフェスにおいてのメイクは、通常のメイクよりも違うことを意識しなくてはなりません。

一番は日焼け対策と、汗によるメイク崩れを極力なくすようにすること。フェスは屋外イベントがほとんどなので、日焼け対策は必ずしておく必要があります。こまめに日焼け止めを塗ったり、細かなパーツまで丁寧に塗ることを心掛けましょう。

さらに、暑くて汗を大量にかいてしまうため、メイク崩れも気になりますよね。基本的には崩れにくいナチュラルメイクがオススメですが、ウォータープルーフに切り替えられるアイテムは、あらかじめ変えておいた方が無難です。外にいるとなかなかメイク直しをする場所もないので、朝のメイクで崩れにくさを考えてメイクをしておきましょうね。

カラーラインでメイクを楽しむ

みんながはじける楽しいフェスなら、メイクも存分に楽しんじゃいましょう。普段仕事では使いにくい、カラーラインを引いてオシャレなメイクに挑戦してみるのはいかがですか?

もしフェスのテーマカラーがあるなら、その色に合わせたカラーラインを使ってみるとより楽しめるでしょう。一緒に行く友達とおそろメイクにするのも◎。お祭り気分で、メイクにも遊び心をプラスしてみると思い出にも残りますね。

ベストなメイクを見つけよう

ひとくちにメイクといっても、シチュエーションによって変える必要があります。そのことができる女子は魅力的で、どんなことも最大に楽しめる術を知っているのです。ぜひそんな女子力を身につけてみませんか?