1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 内藤剛志「警視庁・捜査一課長」シーズン3最高&連ドラ歴代2位の高視聴率記録!

内藤剛志「警視庁・捜査一課長」シーズン3最高&連ドラ歴代2位の高視聴率記録!

  • 2018.5.11
  • 17352 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/146444/

5月10日に放送された内藤剛志主演ドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)の第5話が、平均視聴率14.2%を記録したことが分かった。

瞬間最高視聴率は終了間際の夜8時50分ごろの15.4%。前週比1.8%アップと大幅上昇し、シーズン3の最高視聴率を更新したばかりか、シーズン2の初回SPに次ぐ歴代2位の数字を記録した。(数字は全てビデオリサーチ調べ、関東地区)

第5話では、台東区谷中の住宅街の空き地でベビーカステラを手に握った男性の遺体が発見され、捜査一課長・大岩純一(内藤)は、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)と共に臨場した。

殺されたのはその地区の自治会長・村越雅輝(春海四方)で、ポケットには国会議員・北見今日子(山本未來)の名刺が。

遺体のそばにはベビーカステラの袋も落ちており、その上に自転車のタイヤ痕が残っていたことから、犯人は自転車で逃走したものと思われた。

調べた結果、村越は神輿の愛好会に入っており、担ぎ手の少ない地域の祭りに赴いては神輿を担いでいたことが判明。事件当日も池袋神社の祭りに参加していたことが分かる。その祭りには今日子も顔を出しており、彼女のブログには村越が握っていたものと同じベビーカステラを手に笑顔を浮かべる今日子の写真が掲載されていた…というストーリーだった。

すっかりおなじみになった安達演じる谷中萌奈佳の「濃密な人生経験なんで」発言や、第5話でもひっそりとクールポコが出演しているなど、コミカルなやりとり&一癖ある各話ゲストも話題の本作。

シリアスな刑事ドラマでありながらも、肩ひじ張らずに見られるのが人気の秘訣(ひけつ)なのだろう。

■ 次回5月17日(木)放送の第6話は?

次回、第6話には既報通り主題歌を手掛けるGLIM SPANKYの松尾レミと亀本寛貴がゲスト出演する。

そのストーリーは…隅田川にかかる蔵前橋付近で、ジョギングウエア姿の不動産会社社長・荒井輝路(ベンガル)の死体が発見された。

被害者はジョギングが趣味らしく、事件当夜は来月開催の社内マラソン大会に向け、秘書の鈴村美加(逢沢りな)を伴ってランニングを開始。

美加が体調不良で途中でリタイアした後も、荒井は1人で走り続け、夜10時頃、近くの廃工場で殺害されたようだ。

犯行時刻、ショッキングピンクのジョギングウエアを着た不審な人物が現場から走り去る姿が目撃されていたが、その人物は走るのが異常なほど遅かったことが判明。

捜査一課長・大岩は、被害者の周辺に“ゆっくり走る人物”がいないか、萌奈佳に捜査を命じる。

間もなく、萌奈佳は現場からゆっくり走り去ったピンクの人影が、社員の北園晴美(柳原可奈子)であることを突き止める。

本人は否定するものの、晴美はショッキングピンクのウエアを所持しており、自身のサイズの他にもう1着、ひと回り大きめのものを購入していたことも分かった。

晴美は自身とおそろいのウエアを、男性にプレゼントしたのだろうか。だとすると、自分と同じピンクのウエアを着た男をかばおうとして、わざとゆっくり走った可能性も考えられる。

そんな中、荒井のパワハラに耐えかねて退職した元社員・森川直政(山田純大)が事件当日の夕方、荒井ともめていた事実が浮上。しかも、その日、森川がピンクのウエアを着ていたことが分かり…?(ザテレビジョン)