1. トップ
  2. 恋愛
  3. 絶対にないと思っていたのに!女性陣が男友達とワンナイトしてしまったわけ

絶対にないと思っていたのに!女性陣が男友達とワンナイトしてしまったわけ

  • 2018.5.11
  • 3371 views

自分は真面目なタイプだし、男友達のことは恋愛対象として見たことがない。
もちろんそれは相手も同じなはずなのに、ひょんなことから男友達と体の関係を持ってしまうこともあるよう。
そこで今回は「女性陣が男友達とワンナイトしてしまったわけ」についてご紹介します。

1、 終電を逃して

・「小学校からの男友達と居酒屋で飲んでいたら、終電を逃してしまった。お互いに『何もしないから大丈夫でしょ~』と言いながらラブホへ行ったんだけれど、流れでエッチしてしまいました」(26歳/営業事務)
・「私の終電がなくなって、男友達の家に泊まった。最初は普通にテレビを観て過ごしていたんだけれど、向こうに『我慢できない』と言われてヤッてしまった」(28歳/アパレル)
やはりふたりきりで夜を過ごすのは危険なよう。はじめはお互いにそのつもりがなかったのに、急にムラムラ来てしまうことがあるようです。
翌日に後悔しても時すでに遅し。「男友達だから大丈夫だろう」と油断せずに、終電の時間はしっかりチェックしましょう。

2、寂しくて……

・「私が彼氏と別れたばかりのときに、男友達に軽く言い寄られてしまって。普段なら絶対にエッチなんてしないんですが、そのときは半分ヤケになってOKしちゃいました」(27歳/経理)
寂しさが募ってしまうと、「誰でもいいからそばにいてほしい」という気持ちが湧いてくるもの。
「いまだけでもこの寂しさが埋められるなら……」と、ワンナイトに走ってしまう傾向にあるようです。
それで心が満たされるならアリなのかもしれませんが、たいていの場合は余計に自己嫌悪で苦しくなるもの。もっと別の方法で寂しさを発散できないか考えてみましょう。

3、 欲求不満だったから

・「半年以上彼氏とセックスレスだった。そのことを仲の良い男友達に相談したら、『じゃあ俺とする?』と一言。私も久しぶりに誰かに求められることに嬉しくなってしまって、つい誘いに乗ってしまいました」(25歳/接客)
女性にだって性欲がないわけではありません。特に彼氏がいるのにセックスレスが続いていると、「私ってそんなに魅力がないのかな……?」と不安になってしまうでしょう。
結果、自分を女として見てくれる男友達と、一夜限りの関係になってしまうことも。
真面目な女性ほど彼に「エッチがしたい」と言えず、ストレスをため込んでしまいがち。まずはセックスについて、彼と話し合うことが大切でしょう。

おわりに

セックスは本能的なものであるからこそ、「自分は絶対に過ちを犯さない」と思っていた人でも、流れでワンナイトに発展してしまうこともあるようです。
ただ、たった1度の過ちで男友達の関係がギクシャクしてしまうのは悲しいもの。だからこそ勢いに任せずに、きちんと理性を持っておきたいものですね。(和/ライター)
(愛カツ編集部)