1. トップ
  2. 恋愛
  3. ホラー感にゾクゾク!? “あな家” 萩原利久「茄子田家はホントに不気味(笑)」

ホラー感にゾクゾク!? “あな家” 萩原利久「茄子田家はホントに不気味(笑)」

  • 2018.5.10
  • 5350 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/146276/

TBS系で放送中の中谷美紀主演の連続ドラマ「あなたには帰る家がある」(毎週金曜夜10:00-10:54)。5/4放送の第4話で、玉木宏演じる秀明の浮気相手が、秀明の会社の人間ではないと知った茄子田(ユースケ・サンタマリア)が、第5話(5/11・金放送)では秀明と綾子の関係を疑い始め…。という展開。

真弓(中谷)と綾子(木村多江)の直接対決など、視聴者をハラハラさせる同ドラマで、ユースケ・サンタマリアと木村が演じる夫婦の長男・茄子田慎吾を好演している萩原利久。映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(7月公開)や「あの日のオルガン」(2019年2月公開)など、話題作への出演が続くが、今作の誰にも言えない闇を抱えるミステリアスなキャラクターとどんな風に向き合っているのか、語ってもらった。

■ 撮影現場はとにかく面白いです!

――4月から、ドラマの“宣伝部員”としてブログを始めたんですよね?

そうなんです! こんな風に、直接取材してもらったら割と自分の思っていることを伝えられるんですけど、文字で思いを伝えるのはすごく難しい。言葉を選ぶ作業は本当に大変です。一つひとつ大事に選んでも自分の思っていることの70~80%ぐらいしか伝えられないような気がします。限りなく100%に近付けようとは思っているんですけど、なかなか難しい。でも、自分なりに楽しんでやっています!

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

とにかく面白いです。ユースケさんは、太郎とのギャップがすごい。本番の「よーい、スタート!」直前までいつものユースケさんなんですよ。たまに、笑いそうになってしまいます(笑)。初日の撮影ですごく覚えているのが、太郎さんが家族に「帰ったぞ」って言うシーン。リハーサルの時、いきなり「帰ったぞ~!!」って、めちゃくちゃ高いテンションで言ったんですよ。もう、あれは雄叫びに近かった。我慢しきれずに笑っちゃって(笑)。太郎さんはそんなこと絶対言わないじゃないですか(笑)。あれは、参りました。でも、ユースケさんのおかげで現場が明るくなりますし、毎日撮影が楽しいです。お母さんの綾子を演じている(木村)多江さんも優しくて素敵な方です。実は、ユースケさんと多江さんとは、映画「あゝ荒野」(2017年)でご一緒していたんです。とは言っても、ほとんど接点のない役柄でしたけど(笑)。だから、今回の作品で“家族”として現場にいることが不思議ですし、そういう縁が生まれるところがこの仕事の面白い点なのかなと感じました。

■ 慎吾はこのまま大人になったらどうなるんでしょう

――共演者の方たちも、たびたびブログに登場していますね。

皆さん、僕が宣伝を担当しているということを知ってくださっていて、ブログを始めて2、3日ぐらい経ったころに多江さんから「ブログ見てます」って言っていただいて。身近な人に見てもらえるのはモチベーションが上がりますし、現場で起こったことや見つけたことを「これは使えそうだぞ」とか「これは面白そう」って、いろいろ考える時間が楽しい。何かあるたびにすぐ撮れるようスマホ持ち歩いています。現場での過ごし方が、かなり変わりました。

――太郎(ユースケ)と綾子(木村)の「茄子田家」については、どんな印象を持っていますか?

茄子田家は慎吾も含めて不気味ですよね。撮影の合間に、ユースケ(・サンタマリア)さんや(木村)多江さんたちと話しているんですけど、今どきこんな人いるのかというくらい太郎さんは夫として、父として家庭の中で力を持っている。それに対して誰も何も言わず、当たり前のように毎日を送っている。もう、それは“不気味”という言葉に尽きるのかなと。あんな風な環境にいる慎吾には、絶対に他とは違うものが生まれてくるだろうし、いつか10代という繊細な感情によってはじけたりするんじゃないかと。慎吾は、このまま大人になったらどうなるんでしょうね。“第二の茄子田太郎”みたいな感じになったら怖いと思います。

――劇中では、慎吾のお母さん・綾子が不倫をしていますけど、19歳の利久くんから見て“大人の恋愛”はどう映っていますか?

まだ20歳にもなっていない僕には遠い感じがします。不倫は、決していいものだとは思わないんですけど、ドラマの中の「茄子田家」だったら、それはそれでちょっと面白いのかなと思ったりしています。お母さんは、あれだけ苦しい毎日を送っているわけなので、他の家の旦那さんと恋に落ちてしまうという一面があった方が息子として、「あぁ、お母さんも人間なんだな」って思える気がして。やっぱり、知らず知らずに溜まってしまっているものを吐き出したいという思いもあるだろうし…。茄子田家は、みんなが同じところにいながら全員歯車が合ってない感じ。そこがホントに不気味(笑)。撮影の初日からずっと思っています。

――第3話(4/27放送)のバーベキューのシーンで「佐藤家」(中谷美紀と玉木宏が夫婦を演じている)との交流がありましたし、今後この2家族がどうなっていくのか、楽しみですね。

佐藤家の人たちとがっつり一緒だったシーンはあれが初めてです。撮影現場は和気あいあいとしていて、とても楽しい時間を過ごすことができました。慎吾と佐藤家の娘・麗奈(桜田ひより)ちゃんの関係については、これからどうなるか僕も全く分かりません。二人は育ってきた環境が全然違いますからね。でも、実は近いところにいるのかなと思ったりもしていて。麗奈ちゃんが慎吾にとってどんな存在になっていくのか楽しみです。(ザテレビジョン)