1. トップ
  2. お仕事
  3. 映画『七つの会議』主演・野村萬斎、“会議”を舞台に会社の闇描く池井戸潤の小説を実写化

映画『七つの会議』主演・野村萬斎、“会議”を舞台に会社の闇描く池井戸潤の小説を実写化

  • 2018.5.10
  • 5101 views

映画『七つの会議』主演・野村萬斎、“会議”を舞台に会社の闇描く池井戸潤の小説を実写化

映画『七つの会議』が、2019年2月1日(金)に全国の劇場で公開される。

undefined
©2019映画「七つの会議」製作委員会

「半沢直樹」の池井戸潤による企業犯罪エンターテインメントが実写化

原作は、『オレたちバブル入行組』などの半沢直樹シリーズ、『陸王』、『下町ロケット』などで知られる池井戸潤の同名小説『七つの会議』。「結果がすべて」そんな考え方が今なお続く中堅メーカー・東京建電を舞台に、とあるパワハラ事件に端を発して浮き上がる会社の“闇”を通して、誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤を描いた作品だ。

野村萬斎が初のサラリーマン役で主演

主人公で営業一課の万年係長・八角民夫役を務めるのは、野村萬斎。「居眠りハッカク」という不名誉なアダ名を持つ所謂“ぐうたら社員”でありながら、一癖も二癖もある、決して平凡ではないサラリーマン役を演じる。

香川照之、片岡愛之助、及川光博ら豪華キャスト出演

そのほか、結果第一主義の絶対権力者で営業部長の北川誠役に香川照之、部長の北川が全幅の信頼を寄せるトップセールスマン・坂戸宣彦役に片岡愛之助、パワハラ騒動後に“花の”営業一課長に急遽抜擢される原島万二役に及川光博、東京建電の親会社であるゼノックスの代表取締役社長・徳山郁夫役に北大路欣也と、実力派の豪華キャストが脇を固める。

「半沢直樹」演出の福澤克雄が監督

監督を務めるのは、同じく池井戸潤の作品を原作とするテレビドラマ「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「陸王」の演出、映画『祈りの幕が下りる時』の監督などを担当した福澤克雄。これまで多くの池井戸作品を手がけてきた同氏が、今作では「会議」を舞台に、極限まで追い詰められた人間の心情と行動をドラマチックに描き出す。

主題歌はボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」

主題歌は、ボブ・ディランの「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」。1998年のグラミー賞最優秀アルバム賞受賞作『タイム・アウト・オブ・マインド』に収録されたバラードだ。愛そのものを唄い上げた名曲が、闘いを終えた人々への鎮魂歌として響き渡る。

あらすじ

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。トップセールスマンである課長の坂戸(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しかこなさず定例の営業会議では傍観しているのみ。絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で、部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。

そんなある日、突然社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任する。会社の“顔”である一課で、成績を上げられずに場違いすら感じる原島。誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

作品情報

『七つの会議』
公開時期:2019年2月1日(金) 全国東宝系にて公開
原作:池井戸潤『七つの会議』
出演者:野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、藤森慎吾、朝倉あき、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也
監督:福澤克雄『私は貝になりたい』『祈りの幕が下りる時』
音楽:服部隆之「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」
脚本:丑尾健太郎「ブラックペアン」、李正美『祈りの幕が下りる時』
主題歌:ボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」

オリジナルサイトで読む