1. トップ
  2. レシピ
  3. 「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」できたてクラフトビールの試飲や本格テイスティング

「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」できたてクラフトビールの試飲や本格テイスティング

  • 2018.5.10
  • 470 views

「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」が、2018年6月30日(土)から10月8日(月・祝)までの土日祝を中心に開催される。予約受付は、5月21日(月)よりスタート。

ヤッホーブルーイングの看板製品「よなよなエール」は、グレープフルーツやレモンのように爽やかなアロマホップ「カスケード」が香るアメリカンペールエールタイプのビール。喉をとおった後もゆったりと余韻が続く豊かな香りから、誕生以来高い注目を集めている。

「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」のポイント

「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」では、工場見学とテイスティングを通して、「よなよなエール」をはじめとしたクラフトビールの魅力をより深く体験できるイベント。2010年からスタートしこれまで累計1万人が来場し、顧客満足度94%を誇る人気ツアーとなっている。

1、ビールの原材料を見て触れて味わう

ビールの原材料は麦芽、ホップ、酵母、水の4種。ツアーではそれぞれに対して造り手が解説、また香りをかいだり実際に食べたりして、原材料について楽しみながら学ぶことができる。

2、ビールの醸造工程を学ぶ

ツアーでは、クラフトビールが造られる順序にそって醸造所内を案内。見学用の通路などは設けておらず、職人が働く姿をガラス越しではなく生でチェックできる。立ち込める蒸気、仕込室全体に満ちた麦芽の甘い香り、ボイラーの熱気、ビールが熟成される低温環境など、現場ならではの臨場感を肌で感じることができるのが魅力だ。

3、出来立てビールを試飲

通常は職人しか味わうことのできない、出来立てのビールもタンク直出しで試飲可能。家庭や店のビールとは一味違う、新鮮なビールを味わえるのは醸造所を訪れた醍醐味だ。

4、5種類以上のビールをテイスティング

見学後は、看板製品「よなよなエール」をはじめ、「水曜日のネコ」「インドの青鬼」、さらには軽井沢エリアの限定ビールなど5種類以上が試飲可能に。色、味、香りに注目した本格テイスティングの方法をスタッフが教えてくれる。

軽井沢宿泊プランも

また期間中は、軽井沢の宿泊施設にてツアー対象者限定の宿泊プランも利用可能だ。「class vesso 西軽井沢」「くつかけステイ 中軽井沢」から好きなプランが選択可能。それぞれ地元で使える商品券、ヤッホーブルーイング4種類のビール、おつまみなどの特典が含まれている。

【詳細】

よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー
期間:2018年6月30日(土)~10月8日(月・祝)の土日祝限定、34日程
※5月21日(月)19:00~公式通販サイトより予約受付開始。
URL:http://yonasato.com/ec/bt/
時間:
・9:50~11:30(受付開始 9:35~)
・10:50~12:30(受付開始 10:35~)
・13:10~14:50(受付開始 12:55~)
・14:10~15:50(受付開始 13:55~)
各回20人、要事前WEB予約
※各回定員になり次第、受付を締め切り。
※乳幼児を含む未成年者の来場は不可。
料金:1名 1,000円(税込)
※支払いはクレジットカードのみ。「ひらけ!よなよな月の生活」会員は無料(要予約)。
会場:ヤッホーブルーイング醸造所
住所:長野県佐久市小田井1119-1