1. トップ
  2. ヘア
  3. ”白髪染め””オシャレ染め”の違い‼︎今さら聞けないカラーリングの知識♪♪

”白髪染め””オシャレ染め”の違い‼︎今さら聞けないカラーリングの知識♪♪

  • 2018.5.9
  • 23854 views

白髪の出始め”白髪染め”か”オシャレ染め”か悩みますよね。二つの違いを知って自分にあったカラーリングをしていきましょう‼︎

基本の仕組みは同じ‼︎

オシャレ染めも白髪染めも、薬の仕組み自体は同じアルカリヘアカラーです。
それでは何が違うのか
”白髪染め””オシャレ染め”の仕組みを深くご説明します。

まずは気になる”白髪染め”から!

白髪染めとは色素のない毛髪(白髪)に色素を入れ込む事が出来るもの。

濃茶・黒に見せるための染料が多めに配合されています。

白髪は通常のヘアカラー、そしてブリーチでは染まりません。

白髪をブリーチしようにも髪内部の色素がないので脱色できませんし、

ヘアカラーも 白髪には化学反応する色素自体がないので染めることができません。

なので、白髪は白髪染めじゃないと色が入らないという特徴があります。

”オシャレ染め”の仕組み

おしゃれ染めとは黒髪にあるメラニン色素を希望の明るさまで脱色して色味を入れ込むものです。

色のバリエーションもあって、流行にそって色んないろを試せるのも特徴です。

ちなみにセルフカラーリング

「髪色が濃くなりすぎてしまった」「思っていたより色味が暗い」と感じる方も多いようです。

「白髪に色が入らない!」という不満が出ないように、濃い目に調整されています。

濃度の濃さは
オシャレ染め<白髪染め<市販カラー

という感じでしょうか。

*一度市販で深くカラーされた色は、明るくするのにブリーチを使わないといけない時もあります。

特にセルフカラーリングは色ムラにもつながりますのでプロにカラーリングしてもらうのをオススメします!!

”白髪だけど明るくしたい!!!”私が提案するカラー技術

私の、個人的なサロンでの技術になってしまうんですが。

★根元白髪染め+毛先オシャレ染め
★(wカラーリング)
①全体白髪染め〜流す〜
②メッシュでトーンアップ
★毎回、根元だけ白髪染めして、毛先の自然な退色(トーンアップ)を待つ

などの3タイプの技術があります。

お客様のなりたい髪色や、来店された時の根元の伸び具合や毛先の退色具合など見極めながら技術を選んでいます。

気軽にプロにご相談くださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

”白髪染め””オシャレ染め”の違いを知るだけで今後のカラーリングがわかってきますね!!

参考にして頂けたら嬉しいです。

この記事を書いた美容師さん

狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

ヘアケアマイスターの資格を持ち、サロンワークを中心に美容師として活動する一方、雑誌・CM・広告等のヘアメイクとしても活躍する。最近では、ブライダルヘアメイクもやっており、幅広い分野でお仕事してます。
狩野典子個人ホームページ→http://kanoriko.wixsite.com/kanonoriko/hair-style

元記事を読む