1. トップ
  2. グルメ
  3. 京都嵐山「宙フェス」、宇宙にゆかりのある「法輪寺」からお月見&星空アクティビティ

京都嵐山「宙フェス」、宇宙にゆかりのある「法輪寺」からお月見&星空アクティビティ

  • 2018.5.8
  • 3063 views

京都嵐山「宙フェス」、宇宙にゆかりのある「法輪寺」からお月見&星空アクティビティ

「宙フェス 2018」が、2018年9月23日(日)、24日(月)の2日間、京都嵐山の法輪寺を中心に開催される。

undefined
www.fashion-press.net

2日間でたっぷり楽しむ、パワーアップした「宙フェス」

「宙フェス」は、星空や宇宙の楽しみ方を一堂に集めるというテーマのもと開催される、サイエンスとカルチャーの融合イベント。会場となる法輪寺は、宇宙にゆかりのあるご本尊「虚空蔵菩薩」が祀られる、イベントテーマに相応しい場所だ。

第5回目の開催となる2018年は、日程を2日間に延長し、イベント内容をパワーアップ。宙や星をこよなく愛する著名人によるトークショーやステージなど、2日間それぞれテーマを設けて開催される。

2018年の装飾テーマは“究極のお月見”

「宙フェス 2018」の装飾テーマは“究極のお月見”。境内はお月見の雰囲気が味わえる幻想的な空間に彩られ、出店やフードも“月”がテーマのアイテムが勢揃いする。

月にまつわるフォトスポット

また、法輪寺の各所には“月”をモチーフにしたフォトスポットを設置。“三日月チェア×寺”など、「宙フェス」ならではの風景を写真に収めることができる。また、2018年から新たにエリアに加わった嵐山公園中之島では天体望遠鏡を設置し、開催両日の19:00から21:00まで天体観測会を開催。天体望遠鏡から見た、月のクレーターをスマートフォンで撮影することも可能だ。

五感を使うコンテンツが盛りだくさん

体験・体感して楽しむ"宙”

お寺の境内では、星や月、宇宙をモチーフとしたクラフト作家によるハンドメイドアクセサリーや文具&雑貨などを販売する「宙×マーケット」のほか、宇宙や星空に関連するアクティビティ「宙×サイエンス」や「宙×ワークショップ」が展開される。

食べて楽しむ"宙”

嵐山の街並みが一望できる法輪寺展望台では、宙や星をモチーフとしたスイーツ、フードやカクテルが楽しめる「宙×カフェ」も登場。「宙フェス」限定の、色鮮やかな天体モチーフの和菓子も販売される。

聞いて、知って楽しむ"宙”

「宙トーク」には、毎年タレント、天文学者などジャンルを超えた著名人が登場し、"宙”にまつわるトークセッションを繰り広げる。今回は、23日(日)に「でんぱ組.inc」の夢眠ねむとアメリカ航空宇宙局(NASA)で研究開発に携わる小野雅裕が対談。また、24日(月・祝)には大宮エリーが登壇し、月見酒を味わいながら「究極のお月見」を来場者とともに楽しむ。

なお、「中秋の名月」にあたるイベント最終日は渡月橋と嵐山の空を水上から眺める屋形舟「嵐響夜船」が運行。川辺から聴こえる横笛の生演奏をBGMに、宇宙遊泳気分で月見遊覧を楽しむことができる。

【詳細】
「宙フェス 2018」
開催日時:2018年9月23日(日)、24日(月・祝) 両日とも11:00~20:00
開催場所:虚空蔵法輪寺ほか
入場料:前売り券 1DAY チケット 800円・2DAYS チケット 1,500円、 当日券 1DAY チケット 1,000円
※前売り券は Peatix(ピーティックス)にて販売予定、当日券は会場にて販売(1DAY チケットのみ)。
※未就学児は無料、小学生は保護者同伴に限り無料。
※屋形舟「嵐響夜船」のチケットは法輪寺にて先着600名限定で販売。
※前売りチケット購入後のキャンセルは不可。
※雨天決行。荒天の場合はやむなく開催中止の場合あり。

■トークステージ参加ゲスト
23日(日) 夢眠ねむ(でんぱ組.inc)&小野雅裕(アメリカ航空宇宙局 NASA)、寺薗淳也(会津大学教授)
24日(月・祝) 大宮エリー&浜崎貴司、寺田健太郎(大阪大学教授)

オリジナルサイトで読む